« 冬の終わりのそれなりに楽しい作業 | トップページ | 外資系ハンバーガーチェーンの売り上げがさえない、そうです »

2013年4月10日 (水)

新しいFAX電話

人気ブログランキングへ

10年前に購入したあるメーカーのFAX機能付き電話の印刷機能が停止してしまいました。インクカートリッジを新しくしてもヘッドをクリーニングしても白いページを印刷するだけです。このメーカーはFAX電話市場から撤退し、当該機種も当然のことながらサポート停止になり、インクカートリッジももはや手に入りません。2年ほど前に買った数個のカートリッジがなくなった時にどこか別のメーカーの新しい機種に切り替えるつもりでいたのが、予定よりもその時期が早まってしましました。

届いたばかりの重要な一件は、しかたないのでディスプレイ上で文字を拡大しながら内容をそのまま紙に書き写し、その後の作業を進めます。ディスプレイで内容確認では済まない情報も一定量は存在します。

固定電話は、我が家にとっては必需品。FAX機能も必需品。手書き情報や、紙の上の手書きでないと時間がかかってしかたないような情報の送受信はFAXに限ります。相手がIT端末を好きとは限らない。

しかし、FAX電話を製造しているのは、現在は大手は2社のみです。こういうものはカタログだけでは選べない。ディスプレイ表示の感じや操作の心地よさ、子機の具合、電話番号などの検索機能、印刷の方法などは現物を前にし、現物をいじって確かめるに越したことはありません。

小型軽量。値段は半分。機能も半分。機能は人気のあるものに絞り込まれている、とも云えますが、機能不足のところに少しイライラします。でも、これから10年以上は使い続けるつもりです。

人気ブログランキングへ

|

« 冬の終わりのそれなりに楽しい作業 | トップページ | 外資系ハンバーガーチェーンの売り上げがさえない、そうです »

経営とマーケティング」カテゴリの記事

雑感」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1317632/51127777

この記事へのトラックバック一覧です: 新しいFAX電話:

« 冬の終わりのそれなりに楽しい作業 | トップページ | 外資系ハンバーガーチェーンの売り上げがさえない、そうです »