« たんぽぽ | トップページ | チップあるいはヒメマス »

2013年4月26日 (金)

「恨みのJR北海道・千歳線、あるいは快速エアポート」・補遺

人気ブログランキングへ

恨みのJR北海道・千歳線、あるいは快速エアポート」の「補遺」というのは、私的経験をバックアップする客観的な補足データ、裏付けデータのことです。JR北海道からは、僕の場合は千歳線(とくに快速エアポート)で結構な迷惑をこうむっているので、JR北海道のトラブル状況(国土交通省データ)を、メモ代わりに以下にまとめておきます(関連新聞記事を勝手に引用させていただきました。)

(その1)【<JR北海道>トラブル全国の倍 車両不具合多く】

『2011年度までの5年間に全国のJR6社で起きたトラブル(輸送障害)の割合を比較したところ、JR北海道(札幌市)は平均の2倍に上ることが、国土交通省への取材でわかった。』  (毎日新聞 2013年4月21日、以下のグラフもその記事から。)

Jr5__0421

(その2)【JR北海道のトラブル、過去10年で最多165件 発生割合、他社の2倍超】

『車両故障や設備不良といったJR北海道側の原因による列車運休などのトラブルが2012年度、2月末時点で165件に上り、過去10年で最多になったことが10日分かった。また、発生割合も、11年度の統計ではJR貨物を除く他のJR各社との比較で2~3倍高く、JR北海道の多発ぶりが裏付けられた形だ。・・・中略・・・JR北海道のトラブルの内訳は、特急のドアが走行中に開いたり、自動列車停止装置 (ATS) の誤作動で非常ブレーキが作動するなどの車両関係が91件。レールの破断やポイントが切り替わらないなど設備関連が46件、連結作業ミスなどの人的要因が28件だった。(北海道新聞 2013年4月11日、以下のグラフもその記事から)

Jr10__0411

こういうデータを見ていると、新幹線の便利さが好きで、東京から札幌までは新幹線で移動したいと考える僕でも、「青森まではいいが、函館からのトラブルが恐い」という心境になってしまいます。

人気ブログランキングへ

|

« たんぽぽ | トップページ | チップあるいはヒメマス »

経営とマーケティング」カテゴリの記事

雑感」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1317632/51318592

この記事へのトラックバック一覧です: 「恨みのJR北海道・千歳線、あるいは快速エアポート」・補遺:

« たんぽぽ | トップページ | チップあるいはヒメマス »