« コシヒカリのアンチ・テーゼ: 古いタイプのうるち米 | トップページ | 自家配合飼料の内訳が明らかな卵、というプロモーションのしかた »

2013年5月13日 (月)

碁石(ごいし)のような白花豆

白花豆(しろはなまめ)。丸くはありませんが、蛤(はまぐり)の白い碁石(ごいし)のような雰囲気がわずかにあります。インゲン豆の中では、僕の知っている範囲では、いちばん大きい。水で戻す時間は、朝まで鍋の中でゆっくりとしてもらうだけなので同じですが、茹でるのは時間が少々多めにかかります。

茹でるとさらに大きくなって、白いソラマメです。茹であがったのを葉物野菜と一緒にすれば、そのまま野菜サラダになります。

玉ねぎのスープを2回分作り、初日はそのまま味わい、2日目の鍋に茹でた白花豆を追加するとボリューム感のある「インゲン豆と玉ねぎのスープ」が楽しめます。

写真は北海道産の白花豆。

Ii

□□□

人気ブログランキングへ

|

« コシヒカリのアンチ・テーゼ: 古いタイプのうるち米 | トップページ | 自家配合飼料の内訳が明らかな卵、というプロモーションのしかた »

」カテゴリの記事

雑感」カテゴリの記事

食べもの」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1317632/51475321

この記事へのトラックバック一覧です: 碁石(ごいし)のような白花豆:

« コシヒカリのアンチ・テーゼ: 古いタイプのうるち米 | トップページ | 自家配合飼料の内訳が明らかな卵、というプロモーションのしかた »