« 夏のハーブ系野菜が生育中 | トップページ | 「夏のハーブ系野菜が生育中」・補遺 »

2013年6月19日 (水)

「油を使わないフライヤー」とオランダ人

「油を使わずに唐揚げやとんかつやフライドポテトが作れる調理家電『ノンフライヤー』」という表現を雑誌や新聞で見ると、やや混乱してしまいます。フライとは油を使って加熱料理をすること、食材を油で揚げることなので、なぜフライ用器具をノンフライヤーなどと紛らわしい商品名にしたのか、油を使わずに魚や肉や野菜やジャガイモをフライにするのならノンオイル・フライヤーというのが親切ではないか。しかし、これだと名前が冗長でインパクトがない、フライという言葉の中にはそもそも油を使うということが含意されている、だから「ノンフライヤー」となったのに違いない。英語の説明も “Nonfryer : Healthy, Tasty, Fast” となっているので日本語固有の問題とは云いがたい、Non-oil Fryerの方がわかりやすい。などと、どうでもいいことを考えていました。

この「ノンフライヤー」は、空気循環技術を使った揚げ物調理器具で、オランダのある電気機器メーカーから3年近く前に欧州市場向けに発売されたそうです。その時の名称は「エアフライヤー」。しかし、「エアフライヤー」よりは「ノンフライヤー」の方が「油を使わない」という雰囲気が圧倒的に強く出ています。

僕が妙に納得したのはその名称ではなく、その商品が「オランダ」という国から生まれたということです。

ジャガイモとオランダ人、あるいは世界の4大主食(その3)」で述べた通り、オランダ人は、日本人がお米をよく食べるように、ジャガイモをよく食べます。そのブログ記事を書いたのが2010年、その記事で参考にした情報やデータは2007~2008年のものですが、日本人の一人あたりのコメの年間消費量がこの10年くらいは60kg前後で推移しているように、こういう主食類の消費量は主食の種類や国が違っても10年くらいのスパンでは大きな変動はないので、オランダの人たちも2007年と同じようにジャガイモをいっぱい食べ、小麦パンやパンケーキもたくさん食べていると考えてさしつかえない。

オランダ人の主食であるジャガイモと小麦の一人当たり年間消費量は、

◇ ジャガイモ: 80㎏(このうち30㎏、つまり4割近くがフライドポテト。また、オランダ人はフライドポテトをケチャップや塩ではなくマヨネーズにつけて食べるのが好き。つまり、フライ用の脂・油にマヨネーズの油を重ねるのが好きということになります。)
◇ 小麦: 30㎏(パン、パンケーキなど)
◆ 合計: 110kg。

日本人の主食消費量は以下のような具合です。ただし、ご飯のおかずとしてのイモ類の消費量も参考のためにいっしょに並べてみます。

◇ 米: 60㎏
◇ 小麦: 30㎏(パン、うどん、ラーメンなど)
◇ イモ類: 20㎏(肉じゃが、里芋の煮っ転がしなど、ご飯のおかずとしてのジャガイモ、さつまいも、里芋、長芋など)
◆ 合計: 110kg

そういうフライドポテトの大好きなオランダ人が、最近の風潮から油脂類のとり過ぎが気になってノンフライヤーなる油脂を使わない揚げ物作成装置を商品化したのは当然かもしれません。宣伝コピーは「油なしでサクッとおいしい揚げ物が出来る。油を使わないから脂肪分最大80%カット。」”Great tasting fried food and more with up to 80% less fat.” で、これなら、大好きなフライドポテトを心おきなく食べられます。

ラードでこってりと揚げたフライドポテトでないともはやフライドポテトでないという刷り込まれた味覚の向きもいらっしゃるとは思いますが、そういう人にはこれは向いていない。

□□□

人気ブログランキングへ

|

« 夏のハーブ系野菜が生育中 | トップページ | 「夏のハーブ系野菜が生育中」・補遺 »

ヘルシーエイジング」カテゴリの記事

経営とマーケティング」カテゴリの記事

食べもの」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1317632/52061080

この記事へのトラックバック一覧です: 「油を使わないフライヤー」とオランダ人:

« 夏のハーブ系野菜が生育中 | トップページ | 「夏のハーブ系野菜が生育中」・補遺 »