« 多機能複合電子レンジと日本人 | トップページ | 銅鐸とふくろう鈴 »

2013年6月24日 (月)

貝豆という名のインゲン豆

人気ブログランキングへ

乾燥した状態でも小さな貝に似ているので「貝豆(かいまめ)」というのだと思っていましたが、茹でるための前工程として1日ほどかけて水で戻しているときに、その様子を観察すると、まるでたくさんの小さい色鮮やかな貝を砂抜きしているような錯覚におそわれました。この雰囲気が、おそらく、貝豆という名称の本当の由来なのでしょう。

貝豆はインゲン豆の一種ですが、インゲン豆はサラダでもスープでも他の食材とグラタンにしても、どんな調理方法でもおいしい豆です。貝豆と白花豆(しろはなまめ)を使ったカレーもホカホカしていて夏のメニューを豊かにします。

関連記事は、「いんげん豆と大豆」、「続・いんげん豆と大豆」。

__20136

人気ブログランキングへ

|

« 多機能複合電子レンジと日本人 | トップページ | 銅鐸とふくろう鈴 »

」カテゴリの記事

雑感」カテゴリの記事

食べもの」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1317632/52083456

この記事へのトラックバック一覧です: 貝豆という名のインゲン豆:

« 多機能複合電子レンジと日本人 | トップページ | 銅鐸とふくろう鈴 »