« 甘すぎない、酸っぱすぎない夏の柑橘類 | トップページ | 「油を使わないフライヤー」とオランダ人 »

2013年6月18日 (火)

夏のハーブ系野菜が生育中

人気ブログランキングへ

青紫蘇・赤紫蘇・バジルの種まき」の続きです。

よく食べる、ということはよく料理に利用する夏のハーブのいくつかは自宅で育てることにしています。バジルと青紫蘇(大葉)と赤紫蘇が生育中ですが、おだやかな札幌の夏でも暑くて湿気もどんどんと葉を増やします。しかし次から次へと食べるし、バジルのようなソースにむいたものはソースにして保存するので、またあまりそうになると近所の知り合いに差し上げたりするので、需給関係は安定しています。

下の写真はこの前の日曜の早朝の様子ですが、ここまで生育すればあとは、脇芽を増やすなどそれなりに気を遣ってやれば、夏の間、元気に成長します。

生のバジルはサラダの一部になるし、ピザのトッピングにも使えます。それからバジルソースにしてスパゲティー。青紫蘇は素麺(そうめん)や冷麦や刺身のつま。梅干し用の赤紫蘇は大量に要るので、その分は別途調達。日の丸弁当用の梅干しは見事に赤くないといけない。

_20130616a_2 バジル

_20130616 青紫蘇(大葉)

_20130616_2 赤紫蘇

蛇足ですが、日の丸弁当。容器は秋田県大館(おおだて)の曲げわっぱの弁当箱。

Photo

人気ブログランキングへ

|

« 甘すぎない、酸っぱすぎない夏の柑橘類 | トップページ | 「油を使わないフライヤー」とオランダ人 »

季節と時節」カテゴリの記事

野菜と果物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1317632/52055919

この記事へのトラックバック一覧です: 夏のハーブ系野菜が生育中:

« 甘すぎない、酸っぱすぎない夏の柑橘類 | トップページ | 「油を使わないフライヤー」とオランダ人 »