« 米国のGM(遺伝子組み換え)小麦 | トップページ | 伊勢と出雲の幣(ぬさ)、そして国というものについての雑感(その2) »

2013年6月 5日 (水)

伊勢と出雲の幣(ぬさ)、そして国というものについての雑感(その1)

人気ブログランキングへ

伊勢神宮の外宮と内宮と金剛證寺(こんごうしょうじ)、それから出雲大社をお参りしてきました。べつに式年遷宮というお祭り(出雲の場合は歌って踊って大騒ぎ)につられてというのではありません。そういう齢になったのでしょう。そういう場所をお参りしたくなるようななにかがだんだんと溜(た)まってきたのかもしれません。

金剛證寺は、鎌倉時代に真言宗から臨済宗に改宗して禅宗寺院となり、そののち室町時代には神仏習合という時代背景で伊勢神宮の鬼門を守る寺になったそうですが、寺の名前にしても、この寺の奥の院に向かうあたりの様子や雰囲気にしても、禅宗というよりはほとんど密教系寺院と僕の眼には映ります。高さの異なる大きな卒塔婆が奥へと連なる空気は、高野山の一の橋や中の橋のあたりにいつの間に迷い込んでしまったのかと錯覚するくらいです。神仏習合を援用したプロモーションという意味では、「伊勢へ参らば朝熊(あさま)を駆けよ、朝熊(あさま)駆けねば片参り」はとてもよくできた当時の参拝旅行者向け宣伝コピーです。<関連記事は「『神仏の習合』と『漢字の訓読みによる漢語と和語の習合』:日本文化の習合力についてのメモ(その1)」や「神仏習合について雑感」。>

ここでは幣(ぬさ)と呼んでおきますが、下の写真は、順番に、伊勢神宮・外宮、伊勢神宮・内宮、そして、出雲大社の幣です。柔らかい風に白い紙がわずかに流れる風情が好きです。

__201305a

伊勢神宮・外宮の幣(ぬさ)

__201305a_2

伊勢神宮・内宮の幣(ぬさ)

177


出雲大社の幣(ぬさ)

(その2に続く)

人気ブログランキングへ

|

« 米国のGM(遺伝子組み換え)小麦 | トップページ | 伊勢と出雲の幣(ぬさ)、そして国というものについての雑感(その2) »

米と麦」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

花と存在、存在と花」カテゴリの記事

言語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1317632/51790834

この記事へのトラックバック一覧です: 伊勢と出雲の幣(ぬさ)、そして国というものについての雑感(その1):

« 米国のGM(遺伝子組み換え)小麦 | トップページ | 伊勢と出雲の幣(ぬさ)、そして国というものについての雑感(その2) »