« 固定種の夏野菜(ハーブ)を、ほとんど毎日 | トップページ | 寄せ集め大豆の米麹味噌が予想以上においしい »

2013年7月17日 (水)

紫蘇(しそ)科の野菜と脇芽

ミニトマトなども脇芽(わきめ)を出すのが好きです。しかしトマトの場合は脇芽を摘み取らずに放っておくと脇芽がどんどん伸びてジャングルになるので余分な脇芽はパッパッと摘み取っていおきます。一方、青紫蘇(大葉)やバジルなどの紫蘇(しそ)科の野菜は、脇芽を残します。

紫蘇やバジルは背が高くなり過ぎないように注意しながら、食べごろになった大きさの葉を収穫するのですが、そのときに、食べるために摘み取る複数の葉の下に、左右に一対の葉を残してその少し上あたりで茎を注意深く切り取ると(この作業を摘芯<てきしん>といいます)、残った左右の葉の枝の部分から新しい脇芽がそれぞれに出てくるので、いわば倍々ゲームで葉が増えていきます。

もっとも、紫蘇類は脇芽を出すのが好きで脇芽は勝手に出てくるので、成長中の脇芽を確認したらそのすぐ上あたりで摘芯する方が簡単かもしれません。

摘み取った葉は料理やソース、サラダなどで無駄なく使います。

_a_2013
          摘芯後の脇芽(青紫蘇)

B_2013
          摘芯後の脇芽(バジル)

B_2013_2
     勝手に脇芽(バジル)。この少し上で摘芯すると簡単。

□□□

人気ブログランキングへ

|

« 固定種の夏野菜(ハーブ)を、ほとんど毎日 | トップページ | 寄せ集め大豆の米麹味噌が予想以上においしい »

季節と時節」カテゴリの記事

野菜と果物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1317632/52430949

この記事へのトラックバック一覧です: 紫蘇(しそ)科の野菜と脇芽:

« 固定種の夏野菜(ハーブ)を、ほとんど毎日 | トップページ | 寄せ集め大豆の米麹味噌が予想以上においしい »