« 梅の季節の週末は忙しい | トップページ | 梅の季節は週日の夜も忙しい »

2013年7月 3日 (水)

陶器とお粥(かゆ)

人気ブログランキングへ

ぐい呑みはたいていは陶器なので、種類によっては呑んでいるうちに燗(かん)酒がにじんできてぐい呑みの表面がべたべたとしてくるのがあります。陶器と云う焼き物の性質上この吸水性は仕方ないというか味わいなのですが、べたべたはやはり困ります。

ご飯を炊くための土鍋、鍋料理用の土鍋なども陶器なので同じ性質があります。しかしそのままでは困るので、通常は使い始める前に、たとえばお粥を炊いて慣らし運転をします。お粥を炊くというのは、吸水性のある粗い陶肌を目詰まりさせ土鍋を締めるためです。

べたべた傾向の強いぐい呑みにも同じような方法で対処します。お粥を炊き、その中で2~3時間、ぐい呑みをおぼれさせ、肌を締めます。

そのお粥はもったいないので、翌朝の朝ごはんにします。おかずは自家製梅干しと自家製タクアン。

Photo

人気ブログランキングへ

|

« 梅の季節の週末は忙しい | トップページ | 梅の季節は週日の夜も忙しい »

米と麦」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1317632/52185954

この記事へのトラックバック一覧です: 陶器とお粥(かゆ):

« 梅の季節の週末は忙しい | トップページ | 梅の季節は週日の夜も忙しい »