« 米の小売価格のこの1年の推移と、家庭のお米の在庫水準 | トップページ | タクシー雑感 »

2013年9月26日 (木)

JR北海道が運営会社なら、北海道に新幹線は要らない

人気ブログランキングへ

新幹線は、乗り降りなどがとても便利で人身事故のない、高速の国内長距離旅行手段です。だから、予定よりも早く札幌まで新幹線が延伸されることを僕も期待しています。しかし、JR北海道が運営会社なら、北海道に新幹線は要らない。新幹線の安全運行は、JR北海道には荷が重すぎるだろうからです。しかし、JR東日本、あるいはJR東海の支社が札幌にできて、そこが北海道で新幹線の運営を担当するなら、その場合は大歓迎です。

最近は少なくなったようですが、ナンセンス漫画というものがあります。荒唐無稽な内容の漫画ですが、たいていは作者のピリッとした揶揄や冷静で控えめな批評の眼が潜んでいるのが特徴です。ここ数年のJR北海道の列車事故・列車故障や路線事故を見ていると、出来のよくないナンセンス漫画の連載を読んでいるような気分になります。

安定した頻度で着実に発生する信号故障や軽度の列車故障に始まり(僕も、札幌と新千歳空港を結ぶJR千歳線の信号機故障や列車故障、あるいはその他の路線事故や突然の間引き運転で少なからぬ回数の迷惑をこうむりましたが)、特急列車の突然の炎上、燃える列車から脱出しようとする乗客をマニュアル通りに車内に押しとどめようとして乗客を焼き殺しそうになった乗務員、朝8時くらいの快速エアポートで居眠り運転中の姿を乗客に撮影されてしまった運転手、システム全体の連関には目がいかずエンジン部品の交換だけを繰り返したためにエンジン火災が頻発する特急、運転を失敗したのでそのミスが社内で露見しないようにATS(自動列車停止装置)をハンマーでたたき壊してその場をやり過ごそうとした運転手(これはナンセンス漫画的にはリアリティーがなさ過ぎるくらいに感動もので、不注意で自動車が電信柱にぶつかったのであわててブレーキをハンマーで壊し、事故はブレーキ故障のせいだ、と事故現場で警官に大声でわめいている運転手に近い)。

それからもっとも最近では、農産物(ジャガイモ)を運ぶ貨物列車の脱線事故が発生したので調べてみたら、複数個所(本線49か所、副本線48か所、また、それとは別に170か所)で線路の幅や左右のバランスのずれが規定以上に広がっていたのに、そのままでも、まあ、なんとかなるだろう、何かあってもそのときはそのとき、と数か月から1年近くも放置してあったそうです。

『私たちはお客様を大切にします。安全輸送に徹します。知恵と活力を結集します。』を社是にしているJR北海道にとっては、これはほとんど未必の故意で、ビルの屋上から下を見ずに大きな石の塊を投げ捨てるのに近い。下を歩いている人にあたればその人は即死か大けが、下に人がいなければ石は地面にそのまま落下するので問題なし、下に歩行者がいても石が脇をすり抜けたら人身事故にはならない。

といったことを考えると、JR北海道の電車や列車に乗る時には、常に、非常脱出用のでっかいハンマーをカバンや手提げに詰めておいた方がいいかもしれません。

JR北海道の役員や従業員は大部分の方が北海道出身だと思いますが、JR北海道はどうしてこう民度が低いのか。北海道住民の民度がそもそも低いというのは考えにくいので、考えられることは、北海道住民のなかで民度の低い人たちがどういうわけか好んでJR北海道に就職するか、JR北海道に入るとその企業文化のせいでまともな社員の民度が急激に低下するか、そのどちらかでしょう。電車や列車が好きな利用客にとっては、その実態が分かりにくい企業ではあります。

JR千歳線の事故や不具合をビジネスチャンスと見たのか、いくつかのタクシー会社は札幌から新千歳空港への定額料金サービスを提供し始めました。その詳細を運転手に尋ねると、その受け答えを通して、運転手の仲間うちでもJR北海道の近年の事故がけっこうな話題になっていることがわかります。「お客さん、あれは、死んだ社長の恨みですよ。」

関連記事は、「恨みのJR北海道・千歳線、あるいは快速エアポート」、および「『恨みのJR北海道・千歳線、あるいは快速エアポート』・補遺」、そして「再び・恨みのJR北海道・千歳線、あるいは快速エアポート」。

人気ブログランキングへ

|

« 米の小売価格のこの1年の推移と、家庭のお米の在庫水準 | トップページ | タクシー雑感 »

経営とマーケティング」カテゴリの記事

雑感」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1317632/53347988

この記事へのトラックバック一覧です: JR北海道が運営会社なら、北海道に新幹線は要らない:

« 米の小売価格のこの1年の推移と、家庭のお米の在庫水準 | トップページ | タクシー雑感 »