« 好きな産地の野菜が必ずしも手に入るわけではない | トップページ | 米の小売価格のこの1年の推移と、家庭のお米の在庫水準 »

2013年9月24日 (火)

夏じまい、あるいは、穂紫蘇(ほじそ)

9月の中旬になり、青紫蘇(大葉)も旬が過ぎると、穂(ほ)が出てきます。穂紫蘇(ほじそ)といいます。白い花が咲くと花穂(はなほ)。旬の間は柔らかかった葉も、穂紫蘇のすぐ下のあたり以外は固くて食べられません。

B

穂紫蘇や花穂は刺身のツマや天ぷらにも使いますが、今年は我が家では、穂紫蘇を塩漬けにして保存することにしました。あく抜きし、白梅酢も加えます。ガラス容器に保存したものは、気が向いたときに、おにぎりに使ったり、ジャコと混ぜておかずにします。

下は配偶者が分離作業中の写真。右の大きなボールが葉っぱといっしょに穂紫蘇を刈り取ったもの。穂は手前のボール、葉は左のボールに。穂のなくなった茎は向こう側のボールに積み重ねていきますが、作業中は、青紫蘇のいい香りが作業台の上やその周りの空間を漂います

穂紫蘇が出ると、僕の語彙では「夏の終わり」。配偶者の主婦感覚では、「夏じまい」。

_20139

□□□

人気ブログランキングへ

|

« 好きな産地の野菜が必ずしも手に入るわけではない | トップページ | 米の小売価格のこの1年の推移と、家庭のお米の在庫水準 »

季節と時節」カテゴリの記事

漬物と塩辛」カテゴリの記事

野菜と果物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1317632/53328360

この記事へのトラックバック一覧です: 夏じまい、あるいは、穂紫蘇(ほじそ):

« 好きな産地の野菜が必ずしも手に入るわけではない | トップページ | 米の小売価格のこの1年の推移と、家庭のお米の在庫水準 »