« 北海道大学のイチョウと銀杏(ぎんなん) | トップページ | 黄葉した「近所の街路樹の『ななかまど』」 »

2013年11月 6日 (水)

すぐ近所の紅葉や黄葉が、どうも、いちばん美しい

山一面の紅葉や三百メートルのイチョウの並木道などを求めなければ、「某月某日天気晴朗、一瓢を携えて・・・杖を北郊に曳く」(青木正児「酒中趣」)に近い雰囲気は、すぐ近所で楽しめます。(【註】一瓢〈いっぴょう〉:酒の入った「ひょうたん」の水筒)

瓢箪(ひょうたん)の水筒は持っていないので、日本酒を詰めたスキットルを携えます。一瓢には杖を曳いた方が似合いますが、それは引用した一節のように京都向き。ここは札幌で手にするのはスキットルで、杖も必要ありません。

行楽地や人の集まる場所ではないので、連休中の人影は嬉しいくらいにまばらです。黄色や紅の葉の下にすわってスキットルの蓋を開けます。

_2013c2s

_2013c3s

Photo

瓢箪(ひょうたん)の写真は「ひょうたん販売@岡部」様からお借りしました。
これから「一瓢」(酒を盛る器としての加工されたひょうたん水筒)ができあがります。

□□□□□

人気ブログランキングへ

|

« 北海道大学のイチョウと銀杏(ぎんなん) | トップページ | 黄葉した「近所の街路樹の『ななかまど』」 »

季節と時節」カテゴリの記事

植物と花」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

雑感」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1317632/53814412

この記事へのトラックバック一覧です: すぐ近所の紅葉や黄葉が、どうも、いちばん美しい:

« 北海道大学のイチョウと銀杏(ぎんなん) | トップページ | 黄葉した「近所の街路樹の『ななかまど』」 »