« 原発比率と貿易収支と牽強付会 | トップページ | 再び、鳥取の柿 »

2013年12月11日 (水)

初冬の札幌の雨

人気ブログランキングへ

雪のほとんど降らないところに住んでいたときにはこういう感慨を抱くことがあるとは想像できなかったのですが、たとえば12月中旬にさしかかろうかという時期の雨にはほっとします。

非常に望ましいのは、早朝に目覚めてカーテンを開けると雨のそれなりに降ったあとが地面や道路に残っていて、雨はすでに止んでいるような状態です。この時期に雪でなく雨が降るというのはたその日は暖かいということですが、そのままだと根雪になってしまう恐れのある雪が雨で消えてしまいます。昼の陽光も舗道や地面の雪を融かせますが、雨は根雪になりかかったのを流してくれる。

そのうちパウダースノーというさらさらと乾いた雪がまわりを見えなくし、道路も地面も真っ白で、深夜から明け方の道路はアイスバーンになるのですが、そういうのは年明けでいいやと思います。しかし、雪のない札幌の12月は自家撞着みたいなものです。「雪祭り」の前に札幌を訪れる観光客や旅行者は、北海道の他の地域で雪を堪能できても、白くない札幌だとだまされた気分になるはずなので、ちょっと悩ましい。

雪がしんしんと降ると云いますが、しんしんと降る雪はおそらく水分の多い種類です。冷え込んだ時期の札幌の雪は、舞うように、地面に着くのを嫌がるようなそぶりを見せながら、とてもゆっくりと落ちてきます。

人気ブログランキングへ

|

« 原発比率と貿易収支と牽強付会 | トップページ | 再び、鳥取の柿 »

季節と時節」カテゴリの記事

雑感」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1317632/54209116

この記事へのトラックバック一覧です: 初冬の札幌の雨:

« 原発比率と貿易収支と牽強付会 | トップページ | 再び、鳥取の柿 »