« 粗挽きや普通挽きのパウダースノーと、寒冷地仕様 | トップページ | 橙(だいだい)でポン酢を作る »

2014年1月22日 (水)

手前味噌の準備

人気ブログランキングへ

大豆がないと味噌は作れません。小売店に並んでいる大豆の小口パックは豆乳には便利ですが、味噌には不便です。かといって業務用販売のものは手前味噌には量が多すぎる。

一般家庭への直販もしている北海道の有機農産物農家のグループがあります。冬の葉物野菜は、鹿児島や沖縄の同業者から回してもらってそれを売っている。夏は供給ルートが逆になるのでしょう。そこが地元の大豆を販売していました。ただし単位は30㎏。多すぎる。電話をしました。「あのー、10㎏だけ欲しいのですが。」「味噌かい?」穏当な値段で交渉は成立しました。

毎年10㎏くらいの大豆を使って仕込むと、熟成した2年物を余裕を持って楽しめるし、知り合いにも少しはさしあげることができます。大豆が10㎏なら同量の米麹(こめこうじ)が必要なので、その手配も並行して行います。昨年から電動ミンサーを使い始めたので、10㎏程度ならどうということもない。

人気ブログランキングへ

|

« 粗挽きや普通挽きのパウダースノーと、寒冷地仕様 | トップページ | 橙(だいだい)でポン酢を作る »

塩・味噌・醤油・酢」カテゴリの記事

季節と時節」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1317632/54700574

この記事へのトラックバック一覧です: 手前味噌の準備:

« 粗挽きや普通挽きのパウダースノーと、寒冷地仕様 | トップページ | 橙(だいだい)でポン酢を作る »