« パウダースノーと通りの樹木 | トップページ | 慈姑(くわい)は丸ごと焼いて食べるに限る »

2014年1月 6日 (月)

お正月料理と九つの部屋の小分け皿

元日と夜は重箱ですが、二日目と三日目の昼は雰囲気を変えて、九つに分かれた小分け皿を使います。祝い肴(黒豆・数の子・田作り)と酢の物と好みの煮物を配置。手作りです。この仕分け皿に盛り付けていないのは、鯛の酢締めと蒲鉾と慈姑(くわい)。

有体に言って、栗きんとん以外は、酒の肴だけが並んでいます。だんだんとそうなってきました。我が家の田作りはピリ辛味なので日本酒によく合います。

□れんこん煮物  □コンニャク煮物         □里芋煮物
□栗きんとん      □数の子                     □田作り
□黒豆              □紅白なますと酢れんこん  □たたきゴボウ

2014

雑煮は、澄まし汁仕立てと白味噌仕立てを交互に楽しむのが我が家風。

□□□

人気ブログランキングへ

|

« パウダースノーと通りの樹木 | トップページ | 慈姑(くわい)は丸ごと焼いて食べるに限る »

季節と時節」カテゴリの記事

食べもの」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1317632/54457245

この記事へのトラックバック一覧です: お正月料理と九つの部屋の小分け皿:

« パウダースノーと通りの樹木 | トップページ | 慈姑(くわい)は丸ごと焼いて食べるに限る »