« こんなもんなの?、あるいは、ケストラーと鈴木大拙 | トップページ | 北海道の冬の野菜と暖かい場所の冬野菜 »

2014年1月10日 (金)

自家製タクアンを取り出して食べる

人気ブログランキングへ

松も取れたので、漬け込んであった大根20本のうち4本を取り出しました。それなりに納得のいく状態のタクアンで、今回はウコンを入れたので黄色く仕上がっています。すぐに使わない3本は真空パックにして冷蔵庫で保存。

大根の天日干し(初日・7日目・9日目・10日目)」と「大根の漬けこみ作業 (2013年秋)」の続きです。

味は、こういう勝手な評価の仕方を対象が味噌でなくても手前味噌と云うのですが、塩気がしっかりしていて2か月間の発酵の旨味があふれており、市販のおいしそうなタクアンの比ではありません。控えめに云えば、コマーシャルベースのものとは別の種類の美味しさです。これを肴に熱燗をやれば、心地よい冬の夜になります。

人気ブログランキングへ

|

« こんなもんなの?、あるいは、ケストラーと鈴木大拙 | トップページ | 北海道の冬の野菜と暖かい場所の冬野菜 »

季節と時節」カテゴリの記事

漬物と塩辛」カテゴリの記事

野菜と果物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1317632/54546923

この記事へのトラックバック一覧です: 自家製タクアンを取り出して食べる:

« こんなもんなの?、あるいは、ケストラーと鈴木大拙 | トップページ | 北海道の冬の野菜と暖かい場所の冬野菜 »