« 滑らかなステンレスざる(ストレーナー) | トップページ | 自然エネルギーが好きな方が語った、原子力発電や火力発電の発電コスト »

2014年2月 5日 (水)

麹(こうじ)で空気清浄機が迷惑している?

人気ブログランキングへ

加湿機能付きの空気清浄機を使っています。冬に暖房を入れるところではどこでもそうですが、部屋の空気は乾きます。札幌の冬は、とくにその傾向が強いようです。雪が乾いています。だから、肌の乾燥やものに触れた時のビリビリを避けるためにも加湿器は不可欠ですでに1台は稼働中。しかし、まだ乾燥気味なのでもう1台この冬が始まるころに追加しました。ただし2台目は、いろいろな環境要素を考えて、加湿機能と空気清浄機能が一緒になった製品です。

2台目は製品仕様通りに活躍をしているのですが、浮遊ウィルスや浮遊カビ菌、各種の花粉などに対して反応(抑制・除去)するので、我が家のような食べもの環境の家庭では、空気の汚れ監視用モニターがぱっと赤くなることがしばしばあります。

たとえば、日本酒を燗(かん)にしている時、酒の肴としての味噌を焼いたとき、赤味噌や白味噌に漬けこんだ魚を焼いたとき、甘酒を作る時、味噌を仕込んでいる時・・・、要は米麹(こうじ)や玄米麹や麦麹などの麹菌や麹の胞子や麹の匂いが漂ってきたときに、迷いなく赤く変化します。

麹のような問題のないものに対応するときの赤と、黄砂やその他の気に食わないものに反応するときの赤を区別して知らせてくれたらいいのですが、こういうのを消費者のわがまま、あるいは、ないものねだりといいます。

我が家にやって来たこの電機器具は、何の前触れもなく突然に現れる我が家の「浮遊カビ菌」の出現頻度に驚いているかもしれません。

人気ブログランキングへ

|

« 滑らかなステンレスざる(ストレーナー) | トップページ | 自然エネルギーが好きな方が語った、原子力発電や火力発電の発電コスト »

塩・味噌・醤油・酢」カテゴリの記事

季節と時節」カテゴリの記事

雑感」カテゴリの記事

食べもの」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1317632/54869553

この記事へのトラックバック一覧です: 麹(こうじ)で空気清浄機が迷惑している?:

« 滑らかなステンレスざる(ストレーナー) | トップページ | 自然エネルギーが好きな方が語った、原子力発電や火力発電の発電コスト »