« ダニ・ロドリク著「グローバリゼーション・パラドックス」と、下村治著「日本は悪くない(悪いのはアメリカだ)」:グローバリゼーションと国民経済 | トップページ | いろいろと便利な、農産物と海産物のムック本 »

2014年2月27日 (木)

我が家では土も「おから」を食べる

人気ブログランキングへ

毎朝、自家製の豆乳ヨーグルトを食べています。だからそのために地元(北海道産)の大豆から豆乳を定期的に作るのですが、豆乳をお作りになったことのある方はご案内のように、豆乳の産出量と同じ量の「おから」が副産物としてできあがります。

「おから」は副産物なのでそのための追加費用はかからないし、「おから」には食物繊維が多く含まれているので、そういうものが必要な人にも、とくにはそういうものを必要としない種類の人にも、ともに適した食べ物だと思います。

捨てるのはもったいないので、我が家では以下のような形で食べるのですが、それでも多すぎて食べ切れない。お隣などに差し上げても余る。

・定番の「卯の花」(野菜といっしょに出汁で炊いた惣菜)にする
・クッキーにする
・ハンバーグやつくねに混ぜる
・肉なしミートソースにする

で、我が家では、ヒトだけでなく「土」も「おから」を食べています。

「おから」と同量の「米ぬか」(それから、気が向けば乳酸菌溶液)を混ぜ合わせたのをプランターの土に食べさせます。混ぜ合わせたのは、土の中で一週間もしないうちにきれいに分解し、夏が近づいてきたら栽培を始める野菜用のいい肥料になります。

人気ブログランキングへ

|

« ダニ・ロドリク著「グローバリゼーション・パラドックス」と、下村治著「日本は悪くない(悪いのはアメリカだ)」:グローバリゼーションと国民経済 | トップページ | いろいろと便利な、農産物と海産物のムック本 »

」カテゴリの記事

食べもの」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1317632/55147406

この記事へのトラックバック一覧です: 我が家では土も「おから」を食べる:

« ダニ・ロドリク著「グローバリゼーション・パラドックス」と、下村治著「日本は悪くない(悪いのはアメリカだ)」:グローバリゼーションと国民経済 | トップページ | いろいろと便利な、農産物と海産物のムック本 »