« 日本で流通している遺伝子組み換え農産物と加工食品 | トップページ | 歩道の花びら »

2014年5月 2日 (金)

種と、種蒔き用の土饅頭(まんじゅう)

人気ブログランキングへ

今年の夏も、青紫蘇、赤紫蘇、バジル、ルッコラ、蔓(つる)ありインゲンなどを栽培します。ゴールデンウィークはその準備開始期間です。

固定種の種が手に入るものは固定種にこだわります。今年は、青紫蘇と赤紫蘇、それからインゲンは素性の確かな固定種です。

ルッコラやインゲンは外のプランターの土にじかに種を播きますが(インゲンは播くというよりも園芸用フォークで開けた穴に埋めていく)、紫蘇とバジルは、苗が5センチメールくらいになるまでは、種蒔き用の丸い厚いベッドというか土饅頭というか、そういうのを利用して室内で育ててやります。苗が5センチくらいの高さになると、饅頭の下からは根の先端が見え始めるので、そうなると土饅頭のまま外の大きな鉢に移し替えます。外気が夏の暑さになっていなくても大丈夫です。細かいことは気にしない。

ルッコラは栽培を何度か回転させるので、最初の種は一週間ほど前にプランターに蒔き終わり、すでに小さな双葉が出始めました。

下が、青紫蘇、赤紫蘇、バジルの種を播いたばかりの土饅頭です。土饅頭は、水をたっぷりと吸って、大きく(とくに縦に大きく)膨らんだ状態になっています。

A

B



人気ブログランキングへ

|

« 日本で流通している遺伝子組み換え農産物と加工食品 | トップページ | 歩道の花びら »

季節と時節」カテゴリの記事

野菜と果物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1317632/56015646

この記事へのトラックバック一覧です: 種と、種蒔き用の土饅頭(まんじゅう):

« 日本で流通している遺伝子組み換え農産物と加工食品 | トップページ | 歩道の花びら »