« 気の利いた、美容室の販促メッセージ | トップページ | 古いタイプのうるち米と、野原の野菊 »

2014年5月26日 (月)

散りあやめ

モノの本によると、チリやアルゼンチンが原産地であるところのアヤメ科の草なので「チリアヤメ」というらしい。暑さには強く、寒さにはさほど強くない。「チリアヤメ」と外来種用の片仮名で呼ぶよりも「散りあやめ」と平仮名と漢字で名づけた方が、この草花に合っていると僕には思われます。

その「散りあやめ」に北海道ではない場所で先週末に出会いました。「いろは歌」の「色は匂へど散りぬるを」を地でいくような性質の(ただし、とても明るい感じの)薄紫色の花です。庭のそのあたり一面に咲いていました。

朝が白みかけるころに、蕾が開く準備をし始め、しばらくすると軽く開き、太陽が斜め上から降り注ぐ頃には満開になります。午後、陽が西に傾きかけると花は閉じはじめ、次の日にまた東の空が白みかかるころには、咲き終わってギュッと閉じたものと、これから開くための準備段階のものと、明日の朝に開く予定の硬い蕾が並んでいるのが楽しめます。

_a

               開き始めのころ

_sml

                   満開

_
              遅い午後には閉じはじめ

_trm

               翌朝の日の出前の景色

奥の閉じた濃い紫は昨日の花、真ん中の二つの淡い紫がこれから咲く花、それから、手前の緑はおそらく明朝に開花予定のもの

□□□

人気ブログランキングへ

|

« 気の利いた、美容室の販促メッセージ | トップページ | 古いタイプのうるち米と、野原の野菊 »

季節と時節」カテゴリの記事

植物と花」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1317632/56316453

この記事へのトラックバック一覧です: 散りあやめ:

« 気の利いた、美容室の販促メッセージ | トップページ | 古いタイプのうるち米と、野原の野菊 »