« もう少し違った表現がほしい | トップページ | 今年(2014年)の梅干し:二番目の工程 »

2014年7月14日 (月)

満開のラベンダーとミツバチ

土曜の遅めの午後にミツバチが一匹、我が家のラベンダーと遊んでいました。比較的大きくて太った感じなので西洋ミツバチだと思います。ラベンダーが満開になる頃から紫蘇の花の咲く季節までは、体格の控えめで可憐な日本ミツバチがよくやって来て、花にひっついたり離れたりしながらしばらく過ごしては飛び去っていきます。

どこからやってきてどこに帰るのかわかりませんが、ミツバチの平均的な行動半径は巣から2キロメートルくらいらしいので、それほど遠くないどこかに巣があるのでしょう。近所にねぐら候補地は比較的多い。このラベンダーの花蜜がどこかの養蜂場の蜂蜜の一部になり瓶詰めされて売り出される可能性がわずかでもあるかどうか。

蜂蜜はそのまま食べてもおいしいし、蜂蜜に含まれる植物性の乳酸菌を利用した食べ物を作っても肌理が細かくておいしい。

A

B C

□□□

人気ブログランキングへ

|

« もう少し違った表現がほしい | トップページ | 今年(2014年)の梅干し:二番目の工程 »

季節と時節」カテゴリの記事

植物と花」カテゴリの記事

食べもの」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1317632/56768966

この記事へのトラックバック一覧です: 満開のラベンダーとミツバチ:

« もう少し違った表現がほしい | トップページ | 今年(2014年)の梅干し:二番目の工程 »