« サヤインゲン:支柱派とネット派の生長速度 | トップページ | おいしい北海道産の夏野菜と、「規格外」のイチゴ »

2014年7月 7日 (月)

青紫蘇・赤紫蘇・バジル、毎日食べないと追いつかない

嬉しいことに、夏の陽射しになって、青紫蘇も赤紫蘇もそれからバジルも急に生長し始めました。紫蘇科植物は適度な頻度で摘芯し葉を倍々ゲームで増やしていくのがコツですが、そうすると背があまり高くならずに葉が水平方向の縦横に拡がっていきます。今年はとくに赤紫蘇が元気です。土の手入れにも気を遣ったし、固定種の種がとてもよかったのでしょう。それぞれ、複数の大きめの素焼きの鉢で育てています。

配偶者によれば、晩ごはんのサラダの一部として毎日使い続けないと追いつかないそうです。

サラダのメインには、たとえば買ってきたレタスを使い、レタスのまわりを自家栽培の青紫蘇・赤紫蘇・バジルが取り囲み、レタスを覆います。大盛りの散らし寿司風サラダです。ドレシングは橙(だいだい)を使った自家製ポン酢。仕上げにフラックス油(亜麻仁油)を少量降りかけます。フラックス油はこういう使い方が一番向いているようです。このサラダを毎晩賞味していますが、外食では決して味わえない採りたて野菜の贅沢だと思います。

プロシューマー (Prosumer) という 30年以上前に造られた言葉があります。消費者が消費者のままで、消費と同一分野のあるいは消費者領域とは異なった領域の生産活動や創造活動に従事する、そういう人たちのことを指していますが、最近のプロシューマーはネットワークを通した協働作業が得意のようです。

我が家の青紫蘇・赤紫蘇・バジルの栽培と消費は、そういう考え方を援用すれば、ネットワークに依存しないスタンドアローン型(独立型)のプロシューマー活動ということになります。

_201407_a
                               青紫蘇

_201407_b _201407_c
         赤紫蘇                        バジル

□□□

人気ブログランキングへ

|

« サヤインゲン:支柱派とネット派の生長速度 | トップページ | おいしい北海道産の夏野菜と、「規格外」のイチゴ »

季節と時節」カテゴリの記事

野菜と果物」カテゴリの記事

食べもの」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1317632/56679297

この記事へのトラックバック一覧です: 青紫蘇・赤紫蘇・バジル、毎日食べないと追いつかない:

« サヤインゲン:支柱派とネット派の生長速度 | トップページ | おいしい北海道産の夏野菜と、「規格外」のイチゴ »