« 夏の蓮根(レンコン) | トップページ | もう少し違った表現がほしい »

2014年7月10日 (木)

「きたしずく」をそのうち飲んでみますか

北海道フードマイスターの末席を汚しているので、北海道の食材はいちおうはなんでも、どう食べていいかわからないような魚介類でも、一度は食べてみます。食べ続けるかどうかは、そこに好みや自宅の料理のスタイルという要素が入ってくるので、別の問題です。

北海道産のお米は、「うるち米」も「もち米」もそのほとんどを自宅で一度は食べています(一食分だけを買うというのは無理なので、どれも数回以上は食べている)。温泉旅館ではじめて口にしたのがおいしかったので、帰宅途中のデパ地下米売り場で2㎏入り袋を買ったというようなこともありました。

北海道の代表的な「うるち米」と「もち米」は以下の通りです。お米の名前の右の■□は、■が普通のご飯として土鍋で炊き、あるいはお赤飯用に蒸し器で蒸して、自宅で味わったことがあるという印、□はまだ食べた経験がないという印です。

「うるち米」

・きらら397 ■
・ほしのゆめ ■
・ななつぼし ■
・ふっくりんこ ■
・おぼろづき ■
・ゆめぴりか ■
・ゆきひかり(コメアレルギーを持つ人たちに向いたお米) □(米粒は食べていない) ■(しかし、米粉は、ある農場で自家製粉されたものが手に入るので、クッキーの材料の一部としてしばしば使っている)

「もち米」

・はくちょうもち ■
・きたゆきもち ■

スポーツ欄と文化欄に目を通すのが好きなところの、経済を専門とする新聞があります。その新聞の北海道経済欄に北海道の新しい「酒米」の紹介記事がありました。「きたしずく」という新しい酒米で造ったおいしい日本酒が登場したそうです。

今までの北海道の酒米は「彗星(すいせい)」と「吟風(ぎんぷう)」で、酒米も同じように、その米で造った日本酒を飲んだことがあるかどうか印をつけてみます。

「酒米」

・彗星 ■
・吟風 ■
・きたしずく □

北海道立総合研究機構・中央農業試験場の「きたしずく」紹介資料によれば、消費者や生産者にとっての「きたしずく」の特徴は以下のようになります。

Photo

「彗星」や「吟風」には申し訳ないのですが、僕は日本酒に関しては、箱根より西側で栽培されている数種類の酒米と、その酒米で造られた箱根以西の日本酒が好みなので、「うるち米」や「もち米」と違って、「きたしずく」という新しい酒米の動向についてはよく知りませんでした。

しかし、「きたしずく」だけを使い、吟醸や大吟醸ではないところの普通の純米酒で「燗(かん)向き」に造られたのがあれば、すぐにでも四合瓶を試してみたいと思います。

□□□

人気ブログランキングへ

|

« 夏の蓮根(レンコン) | トップページ | もう少し違った表現がほしい »

米と麦」カテゴリの記事

経営とマーケティング」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1317632/56751266

この記事へのトラックバック一覧です: 「きたしずく」をそのうち飲んでみますか:

« 夏の蓮根(レンコン) | トップページ | もう少し違った表現がほしい »