« 青紫蘇・赤紫蘇・バジル、毎日食べないと追いつかない | トップページ | 夏の蓮根(レンコン) »

2014年7月 8日 (火)

おいしい北海道産の夏野菜と、「規格外」のイチゴ

北海道産の夏野菜が野菜売り場の棚にあふれています。北海道の夏は楽しい。有機野菜のコーナーに足を運ぶと、日によって並んでいる野菜が違いますが、夏野菜というものを広めに解釈すると、たとえば、7月上旬の一週間だと以下のような野菜やハーブが手に入ります。

◇葉菜類

・玉レタス
・リーフレタス
・半結球レタス
・ブロッコリー
・空芯菜
・青紫蘇
・ほうれん草
・水菜
・小松菜
・スイートバジル
・イタリアンパセリ
・チャーピル
・ミント
・ベビーリーフ(ルッコラ、水菜、ほうれん草などの若菜の組み合わせ)

◇果菜類

・ズッキーニ
・きゅうり
・トマト
・ミニトマト

◇根菜類

・大根
・白かぶ
・にんじん(早生)
・じゃがいも(小玉男爵)
・長いも

我が家の好物は、その中では、玉レタス、リーフレタス、ブロッコリー、水菜、小松菜、ズッキーニ、きゅうり、トマト、ミニトマト、大根、にんじん、そして、長いも。

青紫蘇、赤紫蘇、バジル、ルッコラは自宅で栽培しているので買う必要はありません。

今年はイチゴも育てています。ペチカと云う名のイチゴです。ペチカはほとんどが業務用。酸っぱいタイプで、ショートケーキなどに載っています。イチゴを育てたのは初めてですが、イチゴらしくなってきました。しかし姿かたちがひいき目に見ても美人とは云えません。小売の世界だと「規格外」というヤツです。しかし、それでも結構。

イチゴを増やすためにランナーをとり扱う技術はないので、ランナーは伸びてきたら切り取っています。だから、ペチカもこの鉢で実るとそれでおしまいです。でも、全部で40個ほどは実をつけそうです。おそらく、配偶者が30個以上を食べることになると思います。

20140705

これも、「規格外」のイチゴと云うことになるのでしょうが、近所の遊歩道で野イチゴを見つけました。100個から150個くらいが狭い範囲に並んでいます。2~3個失敬して食べてみましたが、想定外の味でした。酸っぱいと思っていたのですが、ごくかすかにイチゴの甘さが感じられます。しかし、総じて味はない、不味いと云った方がいいかもしれません。噛んだ時のジャリジャリ感は舌に明瞭です。調べてみると、どうしてこういう呼び名になったのかわかりませんが「ヘビイチゴ」というらしい。

B_201407

□□□

人気ブログランキングへ

|

« 青紫蘇・赤紫蘇・バジル、毎日食べないと追いつかない | トップページ | 夏の蓮根(レンコン) »

季節と時節」カテゴリの記事

野菜と果物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1317632/56698526

この記事へのトラックバック一覧です: おいしい北海道産の夏野菜と、「規格外」のイチゴ:

« 青紫蘇・赤紫蘇・バジル、毎日食べないと追いつかない | トップページ | 夏の蓮根(レンコン) »