« 梅の土用干し(2014年)、初日の「赤」の具合 | トップページ | 北海道らしい紫色の「紫大根」、あるいは「紅しぐれ大根」 »

2014年8月 5日 (火)

梅の土用干し(2014年)、二日目と三日目の「赤」の具合

好天に恵まれた今回の天日干しであらためて認識したのは、天日が梅を赤く染めていくその天日の力です。「梅・干し」といわれる所以です。最近は「梅干し」と称する「梅漬け」も目につきますが、そういうのには興味がない。

午後の適当な時刻(午後三時くらい)まで天日干ししたのを、平かごに載せたまま室内で夕方まで冷ましてやり、そのあと赤梅酢に漬け戻し、翌朝、また容器から取り出して平かごに並べます。正午前に梅を全部ひっくり返し、梅の一個一個の全体にまんべんなく陽の光を当ててやる。その作業を三日間繰り返すという忙しい週末でした。

いい赤になりました。「日の丸弁当」を作っても問題なさそうです。写真の時刻は、二日目も三日目も遅めの午前中です。

__2014
                <二日目>

__2014a
                <三日目>

□□□□□

有機野菜・低農薬野菜宅配のらでぃっしゅぼーや。自然の恵みをうけて育った野菜や果物をお届け。 素材本来の味を食卓に。まずは安心食材を試してみませんか?

人気ブログランキングへ

|

« 梅の土用干し(2014年)、初日の「赤」の具合 | トップページ | 北海道らしい紫色の「紫大根」、あるいは「紅しぐれ大根」 »

漬物と塩辛」カテゴリの記事

野菜と果物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1317632/56968248

この記事へのトラックバック一覧です: 梅の土用干し(2014年)、二日目と三日目の「赤」の具合:

« 梅の土用干し(2014年)、初日の「赤」の具合 | トップページ | 北海道らしい紫色の「紫大根」、あるいは「紅しぐれ大根」 »