« すだちのポン酢(2014年 秋) | トップページ | お米の消費者人気ランキング・トップ 5(1965年からの変遷)と、最近のぼくのお米の好み »

2014年8月28日 (木)

二年半後の「DHA・EPAサプリメントの宣伝コピーに、ちょっと違和感」

DHA・EPAサプリメントの宣伝コピーに、ちょっと違和感」という2012年の3月にブログ記事の対象にしたサプリメントの折り込み広告が新聞にまた入っていました。アイ・キャッチャーは「<青魚>のサラサラ成分DHA。」。

頻繁に目にする折り込み広告ですが、広告文のコピー内容が二年半前とどう変わったのか気になったので、比較的丁寧に目を通して見ました。その分、その紙はゴミ箱行きの時刻が少し遅くなったというわけです。

コピー内容を拝見すると、「持続可能な社会」という言葉が頭をよぎります。広告コピーはDHA/EPAに関する主要部分にほとんど変化はないようです。「持続可能な広告コピー」です。50歳代以上というターゲットセグメントは当分は増え続けます。

前回気になったコピーは、今回も健在です。「DHAの目標摂取量をクロマグロの刺身(赤身)で例えると、なんと約9人前以上。毎日食事から摂るには大変な量です。」

このサプリメントは、その折り込み広告によれば「DHAサプリメント市場9年連続No.1」「ご愛飲者100万人突破!」だそうです。毎年10万人の新規購入者が10年間で100万人。毎月5,500円をこのサプリメントに使い続けているリピーター(と分類される人たち)が30万人いると仮定すると、年間売り上げは20億円くらいです。

わが家ではこういうサプリメントにはお金を使わない。イワシ・サンマ・ブリ・アジ・サバ・サケやインカ・グリーンナッツオイルなどにお金を使う。北海道はアジやサバを別とすれば青魚には恵まれています。懐に余裕のある方は、松前や戸井や大間のトロという手もあります。クロマグロも高いのは築地へ行ってしまいますが、そうでないのは地元で流通します。

ちなみに、「DHAおよびEPAの目標摂取量は1日1g以上」(厚生労働省)で、そのためにはクロマグロの赤身だと約9人前以上を食べることになります。しかし、クロマグロのトロ(脂身)だと0.3人前でこと足ります。どちらがお好きですか?

Dha_epa

□□□

人気ブログランキングへ

|

« すだちのポン酢(2014年 秋) | トップページ | お米の消費者人気ランキング・トップ 5(1965年からの変遷)と、最近のぼくのお米の好み »

ヘルシーエイジング」カテゴリの記事

経営とマーケティング」カテゴリの記事

魚介類」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1317632/57188878

この記事へのトラックバック一覧です: 二年半後の「DHA・EPAサプリメントの宣伝コピーに、ちょっと違和感」:

« すだちのポン酢(2014年 秋) | トップページ | お米の消費者人気ランキング・トップ 5(1965年からの変遷)と、最近のぼくのお米の好み »