« エゾシカ肉は北海道らしい食材 | トップページ | 北海道の亜麻仁油(あまにゆ) »

2014年9月17日 (水)

今年最後の調理用トマト(2014年)

おそらく、これが、いつものお店で手に入る今年最後のご近所栽培の調理用トマトだと思います。このご近所の農園は、形が長めの「オスカー」(下の写真)と形が丸い「夏こま」の二種類の調理用トマトを栽培していて、今年は「夏こま」の出荷の方が倍くらい多かったようです。

調理用トマトは生食用と比べるとどれでも固くて重いのですが、オスカーにはとくにずっしりとした重量感があります。

__2014a

この個数でトマトソースを作ると、240ml入りのガラス瓶2本分の分量(内容量220gくらいが2本)になります。このガラス瓶は一般に「マヨネーズ225」と呼ばれているものです。トマトソースの詰まった「マヨネーズ225」が今年はストック用として24本できました。冷凍庫で休息中です。

20149b

関連記事は「北海道の調理用トマトでソースを作る」それから「調理用トマトに野菜売り場で出会うと嬉しくなる」。

人気ブログランキングへ

|

« エゾシカ肉は北海道らしい食材 | トップページ | 北海道の亜麻仁油(あまにゆ) »

季節と時節」カテゴリの記事

野菜と果物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1317632/57340213

この記事へのトラックバック一覧です: 今年最後の調理用トマト(2014年):

« エゾシカ肉は北海道らしい食材 | トップページ | 北海道の亜麻仁油(あまにゆ) »