« 穂紫蘇とバジルの穂 | トップページ | ペパーミントが三つの鉢植えで成長中 »

2014年9月12日 (金)

アナウンサーと解説者のいないプロ野球放送は楽しい

メジャーリーグの野球中継では当たり前ですが、日本のプロ野球の中継ではほとんどお目にかかりません。しかし、先日その僥倖に恵まれました。副音声チャネルで、アナウンサーと解説者のいない中継画像を流していたのです。それがたまたま贔屓のチームの試合でした。

画像は主音声チャネルと共通のものですが、球場の音は主音声よりも大きい。主音声の場合は話し手の邪魔にならないように、話し手以外の音のレベルを押さえてあるのでしょう。野手全体の様子はわかりませんが、ある程度は実際に野球場にいる雰囲気で試合を楽しめます。投手の背中側からの大きな投球映像や打たれた直後の不安げな投手の汗、監督のイライラした表情などは野球場の椅子に座っていても見えないので、そういうのは、テレビ故のオマケです。

やたらに喋りまくるアナウンサーというのはとても邪魔だし、また聴いていて楽しい解説や聴いていて役に立つ解説というのもあまりありません。それなら、ない方がいい。

こういう、アナウンサーや解説者のいない副音声つきのプロ野球中継が増えることを希望します。

人気ブログランキングへ

|

« 穂紫蘇とバジルの穂 | トップページ | ペパーミントが三つの鉢植えで成長中 »

雑感」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1317632/57329120

この記事へのトラックバック一覧です: アナウンサーと解説者のいないプロ野球放送は楽しい:

« 穂紫蘇とバジルの穂 | トップページ | ペパーミントが三つの鉢植えで成長中 »