« 2014年新米の卸値が値下がりしているらしい、が・・・ | トップページ | アナウンサーと解説者のいないプロ野球放送は楽しい »

2014年9月12日 (金)

穂紫蘇とバジルの穂

青紫蘇もバジルも穂(ほ)を出し始めました。間違いなく秋です。

バジルは日本名を目箒(めぼうき)と云います。紫蘇の穂を「穂紫蘇(ほじそ)」と呼ぶので、同じように穂目箒や穂バジルと呼べないこともないのですが、どうも音の落ち着きが悪い。「バジルの穂」、「目箒(めぼうき)の穂」と云うことにします。両方とも紫蘇科のハーブです。

ピンクや淡い紫の花が開いた赤紫蘇の穂紫蘇は、花穂という名で野菜売り場で売られています。お刺身といっしょに、香りとプチプチ感を楽しみながら、いただきます。「目箒の穂」を食べる話は、同じ紫蘇科なので何かといっしょに食べてもいいと思いますが、聞いたことがない。たぶんおいしくないのでしょう。

写真は上が青紫蘇の小さな穂紫蘇、下がバジル(あるいは目箒)の穂。

201409 小さな青紫蘇の穂

201409_2 小さなバジルの穂

201409_a_2 大きめの青紫蘇の穂

関連記事は「この時期は、刺身に自宅の花穂(はなほ)や穂紫蘇(ほじそ)」、「夏じまい、あるいは、穂紫蘇(ほじそ)」。

□□□

人気ブログランキングへ

|

« 2014年新米の卸値が値下がりしているらしい、が・・・ | トップページ | アナウンサーと解説者のいないプロ野球放送は楽しい »

季節と時節」カテゴリの記事

植物と花」カテゴリの記事

野菜と果物」カテゴリの記事

食べもの」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1317632/57329419

この記事へのトラックバック一覧です: 穂紫蘇とバジルの穂:

« 2014年新米の卸値が値下がりしているらしい、が・・・ | トップページ | アナウンサーと解説者のいないプロ野球放送は楽しい »