« 「健康マーク」付きのコンビニ弁当やコンビニ惣菜などが登場するらしい | トップページ | 白いカボチャ: 雪化粧と銀河 »

2014年10月10日 (金)

餃子:一番食べたいのだけれど、家庭では一番作りたくない食べもの

あるPOSデータを使った売れ筋分析によれば、先月4週間の「冷凍総菜」の売上ベスト5は以下の通りだそうです(日本経済新聞 2014年10月8日)。

1位: 餃子
2位: ブロイラーのから揚げ
3位: 炒飯
4位: エビシューマイ
5位: お好み焼き

中華料理系の惣菜が多いのに驚きます。家族の全員に人気があるのでしょう。冷凍餃子事件は2008年の出来ごとですが、今は昔の話かもしれません。

餃子の人気がいちばんという事実を僕なりに解釈すると、「いちばん食べたいのだけれど、家庭ではいちばん作りたくない食べものが餃子」ということになります。パスタ類を小麦粉からつくる家庭にとっては餃子は簡単な料理ですが、おそらく敷居が高いのでしょう。どこからどう手を付けていいかわからない。

皮は、中華料理屋の蒸し餃子の気品を目標にしなければ、小麦粉と水と食塩と打粉と麺棒があればつくれます。すっきりとしておいしいのは水餃子。我が家では、札幌という地の利を生かして、ときどきザルで大安売りになる甘エビに、たとえば土曜日の午後にめぐりあったら、その夜は迷うことなくエビの海鮮水餃子です。水餃子と野菜でお腹がいっぱいになります。

市販の餃子の皮はたいていのものが賞味期限は2週間くらいですが、小麦粉を練ったものが3日以上も持つわけはないので、少々不恰好でも自宅で作った方がお子様には安心です。

エビに関する関連記事は「伊勢エビの卸値が3割高騰、だそうです」。

人気ブログランキングへ

|

« 「健康マーク」付きのコンビニ弁当やコンビニ惣菜などが登場するらしい | トップページ | 白いカボチャ: 雪化粧と銀河 »

米と麦」カテゴリの記事

経営とマーケティング」カテゴリの記事

食べもの」カテゴリの記事

魚介類」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1317632/57620776

この記事へのトラックバック一覧です: 餃子:一番食べたいのだけれど、家庭では一番作りたくない食べもの:

« 「健康マーク」付きのコンビニ弁当やコンビニ惣菜などが登場するらしい | トップページ | 白いカボチャ: 雪化粧と銀河 »