« 白いカボチャ: 雪化粧と銀河 | トップページ | 秋の大量の竹とんぼ »

2014年10月15日 (水)

「あかね」で、それなりに大人の味のアップルパイ

「大人の味」のアップルパイとは、「紅玉」のような古いタイプの酸っぱいリンゴが持っているほのかな甘みをゆったりとした加熱で引き出して作るアップルパイのことです。砂糖などリンゴ以外の甘みは決して加えてはいけない。

その「紅玉」がなかなか手に入らないので、その代替品として「あかね」を使いました。

北海道はリンゴの生産地です。といっても青森や長野には及びもつかない。その生産量は全国の生産量の1%程度です。だからほとんどが地産地消です。主要生産地は、余市(よいち)、仁木(にき)、七飯(ななえ)、壮瞥(そうべつ)など。

北海度で生産されている主なリンゴの品種には、「つがる」「あかね」「旭」「レッドゴールド」「ひめかみ」「昴林(こうりん)」「ハックナイン」「王林(おうりん)」「ふじ」などがあります。「紅玉」の直接の交配種もいくつかありますが、「酸味があって煮ても煮崩れしない」という「紅玉」の調理用リンゴとしての良さを素直に受け継いでいるのが「あかね」だと思います。「あかね」は、「紅玉」と「ウースターペアメン」の交配種です

さっそく「あかね」でアップルパイを作りました(設計製造担当は配偶者)。

「紅玉のアップルパイ」を「大人の味」だとすると、「あかねのアップルパイ」は「それなりの大人の味」だと云えます。「それなり」と云うのは、酸っぱさから引き出されたほのかな甘さという「紅玉アップルパイ」の持つ醍醐味には、残念ながら、一歩及ばないという意味です。

しかし、現在はわかり易い甘さが文化になったので、「あかねのアップルパイ」を選ぶ消費者の数は「紅玉」よりも多いかもしれない。

__201410

関連記事は「紅玉(こうぎょく)が待ち遠しい」、「今年最初のアップルパイ」、「紅玉(こうぎょく)のアップルパイ」、それから「今年のアップルパイ(2013年版)」。

人気ブログランキングへ

|

« 白いカボチャ: 雪化粧と銀河 | トップページ | 秋の大量の竹とんぼ »

季節と時節」カテゴリの記事

菓子」カテゴリの記事

野菜と果物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1317632/57664556

この記事へのトラックバック一覧です: 「あかね」で、それなりに大人の味のアップルパイ:

« 白いカボチャ: 雪化粧と銀河 | トップページ | 秋の大量の竹とんぼ »