« 餃子:一番食べたいのだけれど、家庭では一番作りたくない食べもの | トップページ | 「あかね」で、それなりに大人の味のアップルパイ »

2014年10月14日 (火)

白いカボチャ: 雪化粧と銀河

本業は花の栽培ですが自家消費用に各種の野菜を作っている農家から、白いカボチャをいただきました。去年やその前は「雪化粧」だったのですが、今年は「銀河」です。お返しは、自家製の「べったら漬け」。

野菜も消費者の好みに依存する商品なので、ミニトマトなどが典型ですが、ある種の色と風味のミニトマトに人気が出ると似たような感じのミニトマトが別の種苗会社からすぐに登場します。冷蔵庫やスマートフォンと同じです。

「雪化粧」はS種苗会社が生産販売する白いカボチャ、「銀河」はその競合会社であるところのT種苗会社の白いカボチャ。ともにホクホクとした粉質で甘い。貯蔵性が良い。3か月くらいはそのあたりの空きスペースに放り出してあってもおいしく食べられます。しかし、というべきか、だから、と続けるべきか、外側はとても硬い。白いカボチャを包丁で簡単に真っ二つにするコツをお持ちの主婦の方がいらっしゃったら、お目にかかって教えを乞いたい。真っ二つにした内側は、一般的なカボチャの色で黄色ないし橙色。

左が「雪化粧」、右が「銀河」。

C2 __2

人気ブログランキングへ

|

« 餃子:一番食べたいのだけれど、家庭では一番作りたくない食べもの | トップページ | 「あかね」で、それなりに大人の味のアップルパイ »

経営とマーケティング」カテゴリの記事

野菜と果物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1317632/57652830

この記事へのトラックバック一覧です: 白いカボチャ: 雪化粧と銀河:

« 餃子:一番食べたいのだけれど、家庭では一番作りたくない食べもの | トップページ | 「あかね」で、それなりに大人の味のアップルパイ »