« とてもすっきりとした感じの返答コメント | トップページ | 干した大根の取り入れと漬け込み(2014年版) »

2014年11月 7日 (金)

大根の天日干し、十日目の朝(2014年版)

干し始めたら、雨や雪の夜の緊急避難を除けば、ただ干しておくだけなので物理的な時間はたいしてとられないのですが、乾燥の進み具合、「く」の字型への撓(たわ)み具合などは、おいしいタクアンをこの冬に食べられるかどうかが決まるので、毎日けっこう気になります。

六日目から八日目の早朝にかけては天気の具合が雨模様や雪模様でよくありませんでした。しかし八日目の朝から突然晴れ初め、それ以降は湿度の低い晴天が続いています。

今年の22本の大根は全般的にはサイズが大きいのですが、相対的には大きなサイズと中くらいのもの、小ぶりなものが混在しています。中くらいのサイズを2本選んで、干しの具合、「く」の字への接近状態を、十日目の朝に確かめてみました(下の写真)。

20141106_10

天日干しは予定通りに進行しているようです。この分だと、この土曜日に漬け込み作業に入れます。塩や糠(ぬか)や米麹(こうじ)、鷹の爪などはそろっています。漬け込み作業は配偶者との協働作業。漬け込みは一斗樽(正確には一斗容量のホーロー容器)を使いますが、漬け込み工程では、足の小さな配偶者の「足踏み作業」が不可欠です。

□□

人気ブログランキングへ

|

« とてもすっきりとした感じの返答コメント | トップページ | 干した大根の取り入れと漬け込み(2014年版) »

季節と時節」カテゴリの記事

漬物と塩辛」カテゴリの記事

野菜と果物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1317632/57901464

この記事へのトラックバック一覧です: 大根の天日干し、十日目の朝(2014年版):

« とてもすっきりとした感じの返答コメント | トップページ | 干した大根の取り入れと漬け込み(2014年版) »