« 「秋みょうが」が届いたので、週末に植え付け予定 | トップページ | 好みの日本酒はひそかに楽しむに限る »

2014年11月17日 (月)

在来種・固定種の野菜の種(たね)と、都心の百貨店の野菜売り場

「伝統野菜種子」と白抜き活字で印刷された、緑の封筒風のパッケージを二種類、配偶者が買ってきました。

ひとつは「しゃもじ小松菜」。小松菜はたいていは「しゃもじ」形だと思いますが、それはさておき。パッケージには「東京江戸川区小松川生まれ。現在、私達が食べているチンゲンサイなどとの交配種小松菜と違い柔らかく本来のやさしい味と風味を楽しめます」と書いてあります。

もうひとつは「宮重青首大根(総太り大根)」。「江戸時代中期より栽培される元祖青首大根」「愛知県発祥の青首大根です。煮物、漬け物、切り干し大根、どんな料理にも合います。甘くうま味があり最後に残るほろ苦味が後をひく美味しさです」と印刷されています。

東京で所用のついでに、配偶者が新宿のI百貨店・本店に久しぶりに立ち寄ってきたそうです。衣服・衣類から加工食品や魚介類まで、最近はワインや日本酒まで、品ぞろえのセンスの良さが楽しめるお店です。

地下のゆったりとした作りのお酒売場を歩いた後、野菜や干物・かまぼこなどを販売しているテナントの入った一画に向かったら、野菜売り場に「有機野菜」や「在来種野菜」のコーナーがあり、「在来種・固定種」の野菜種子を7~8種類、野菜の隣でラック販売していたそうです。配偶者の購入した「しゃもじ小松菜」と「宮重青首大根」はそのうちの二つ。

最近の野菜の種はほとんどがF1交配種なので、在来種・固定種を栽培しようと思ったら、その手の専門の種屋さんから直接購入するしか方法がない。注文すると第四種郵便物で送られてきます。

Photo

I百貨店・本店の野菜売り場の買い物客が、たとえば、在来種の青首大根を自家栽培し、自宅の庭で切り干し大根を作るという光景はなかなか想像しがたいのですが、この百貨店はマーケティングセンスが群を抜いているので、あるいは非常にニッチな顧客がいらっしゃるのかもしれません。この緑色のパッケージに入った種が店頭で本当に売れるかどうかは知りません。でも、野菜販売のPOP媒体としては面白い。

Photo

関連記事は「ほとんどがF1交配種、わずかに在来種・固定種」、「固定種の夏野菜(ハーブ)を、ほとんど毎日」。

□□

人気ブログランキングへ

|

« 「秋みょうが」が届いたので、週末に植え付け予定 | トップページ | 好みの日本酒はひそかに楽しむに限る »

経営とマーケティング」カテゴリの記事

野菜と果物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1317632/57996961

この記事へのトラックバック一覧です: 在来種・固定種の野菜の種(たね)と、都心の百貨店の野菜売り場:

« 「秋みょうが」が届いたので、週末に植え付け予定 | トップページ | 好みの日本酒はひそかに楽しむに限る »