« バターがない? | トップページ | 健康食品が知らない業者から勝手に送られてくる? »

2014年12月 1日 (月)

蟹(カニ)とマグロ

お歳暮にカニ、お正月にカニと、11月以降の広告や折り込みチラシやダイレクトメールは非常にかしましい様子です。ぼくは、カニは大きいのも小さいのもとくには好物ではないのだけれど、北海道フードマイスターなので、毛ガニ、花咲ガニ、タラバガニ、ズワイガニ(松葉ガニ、越前ガニのこと)といった北海道のカニや、北海道近郊のカニやカニの仲間は一応は全部口にしています。

札幌の対面販売の魚売り場で一番見かけるカニは毛ガニですが、毛ガニや花咲ガニは「かご」で獲り、タラバガニやズワイガニは「網」で獲ります。

北海道の大きなカニに憧れて観光目的で来日した外国からのお客様(とくにタイやシンガポール、中国・香港・台湾の方など)は大歓迎です。温泉に入っておいしい北海道の食べ物を満喫していただきたい。テレビのローカルニュースなどで拝見すると、実に幸せそうにタラバガニの大きな足の身を口に運んでいます。

世の中にはカニとマグロの両方がとても好きな人たちがいらっしゃいますし、そういう育ち方をした子供も少なくないようです。

これはぼくの偏見ですが、カニとマグロとその延長線のものばかり食べていると微妙な和食素材の味がわからなくなり、加工食品会社のいちばん便利なターゲット顧客の一員になりやすい。そういうタイプの人たちが、白身魚や昆布出汁の微妙を好むとは考えづらい。言葉を換えれば、マヨネーズ風味の加工食品や、何にでもマヨネーズをかけるのが好きな人たちになりやすい。ぼくがいっしょにテーブルを囲みたくないタイプの人たちです。

といいながら、知り合いに頼まれると、食べやすく加工されたタラバガニの足をお店から送ったりもするので、最近は食べる機会はほとんどないにもかかわらず、カニを見る機会は多い。

□□

人気ブログランキングへ

|

« バターがない? | トップページ | 健康食品が知らない業者から勝手に送られてくる? »

雑感」カテゴリの記事

魚介類」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1317632/58142215

この記事へのトラックバック一覧です: 蟹(カニ)とマグロ:

« バターがない? | トップページ | 健康食品が知らない業者から勝手に送られてくる? »