« お天気雪 | トップページ | 座標軸を少しずらして、中国思想に関する刷り込みを見直し »

2015年1月 5日 (月)

お正月の小分け皿

2013年正月の晴れた日のお昼過ぎと、2015年正月の晴れた日のお昼過ぎの九つの小分け皿です。

2013年から、お正月料理は、雑煮を除いて、酒の肴に向いたものに限定し始めたので(例外はあるにせよ)、両年で同じようなものが並んだはずですが、2013年の穏やかな「赤」(二段目右)は確か赤カブの千枚漬けの色だと記憶しています。

__2013 2013年正月

下の2015年は、左上から右下にかけて順番に

<こんにゃくの煮しめ・かまぼこ・伊達巻>
<黒豆・数の子・田作り>
<紅白なますと酢蓮根・たたきゴボウ・里芋と蓮根の煮しめ>

甘くない味付けの自家製です。田作りはピリ辛味でぼくのお気に入り。知り合いにさしあげると喜ばれます。黒豆は抑えた甘みで皺ひとつなく仕上がっています。自家製と云っても、蒲鉾(かまぼこ)は小田原のを買ってきて飾り切りしただけ、数の子も塩抜き以外の手はかけません。

__2015_ii  2015年正月

こうやって比べてみると、写真として陽射しの具合や九つの色の組み合わせがきれいなのは、どうも2013年版のようです。

□□

人気ブログランキングへ

|

« お天気雪 | トップページ | 座標軸を少しずらして、中国思想に関する刷り込みを見直し »

季節と時節」カテゴリの記事

雑感」カテゴリの記事

食べもの」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1317632/58442846

この記事へのトラックバック一覧です: お正月の小分け皿:

« お天気雪 | トップページ | 座標軸を少しずらして、中国思想に関する刷り込みを見直し »