« 「春よ恋」と「ゆきひかり」で橙(だいだい)のパイ | トップページ | 手前味噌には、コメ農家の作った米麹(こうじ) »

2015年1月27日 (火)

二年物の「玄米麹(げんまいこうじ)味噌」

甕(かめ)の蓋に貼ってある黄色いポストイットには「仕込み 2013年2月2日 玄米麹」と書きこんであります。仕込みからちょうど二年が経過しました。玄米麹を使った味噌の方が、白米が原料の米麹を使った味噌よりも熟成に時間がかかるはずなので、玄米麹バージョンは二年間は静かに寝かせておこうと決めていました。

蓋を開けます。濃いめの雰囲気のある茶色に仕上がっています。かすかな玄米の香りが漂い出します。

少量を味噌焼き器で味噌焼きにして酒の肴にします。酒はぬる燗の日本酒。味噌焼き器が黄瀬戸風の雰囲気なので、ぐい呑みも黄瀬戸を選びます。

Photo 左が味噌焼き器

□□

人気ブログランキングへ

|

« 「春よ恋」と「ゆきひかり」で橙(だいだい)のパイ | トップページ | 手前味噌には、コメ農家の作った米麹(こうじ) »

塩・味噌・醤油・酢」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1317632/58701932

この記事へのトラックバック一覧です: 二年物の「玄米麹(げんまいこうじ)味噌」:

« 「春よ恋」と「ゆきひかり」で橙(だいだい)のパイ | トップページ | 手前味噌には、コメ農家の作った米麹(こうじ) »