« 若い人の野菜摂取量が増えているらしい | トップページ | 沖縄のセロリ »

2015年1月16日 (金)

小豆粥(あずきがゆ)

最近の日本のお正月であまり見かけなくなったのが「鏡開き」と「小豆粥(あずきがゆ)」です。

お正月料理(おせち料理)は相変わらず人気で、自分で作る家庭は少ないと思いますが、デパートやスーパーやコンビニ経由で「おせち料理」を買う人はとても多い。宅配便も大みそかは、おせち料理の配達で大忙しです。

「七草粥」も人気で、野菜売り場には、毎年、七草パックが積み上げられています。七草の主要生産地である愛媛県(西条市)や神奈川県(三浦半島)ではお正月返上で出荷作業に追われたはずです(関連記事は「七日の朝は七草粥」)。

七日の朝に食べる「七草粥」は大陸から鳥が運んでくるインフルエンザ防止の役目を持っていますが、十五日の小正月に食べる「小豆粥」には一年の健康を祈るという意味が含まれています。

昨日、「小豆粥」を食べました。それぞれのお椀にお餅が一切れ加わると、いかにも「小豆粥」という感じになります。使った小豆はきれいな赤の北海道産です。

調理した小豆は「小豆粥」だけでは食べきれないので、穏やかな甘さに味付けして晩御飯のデザートに。

□□

人気ブログランキングへ

|

« 若い人の野菜摂取量が増えているらしい | トップページ | 沖縄のセロリ »

季節と時節」カテゴリの記事

米と麦」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1317632/58598057

この記事へのトラックバック一覧です: 小豆粥(あずきがゆ):

« 若い人の野菜摂取量が増えているらしい | トップページ | 沖縄のセロリ »