« 鹿児島の菜の花が咲いた | トップページ | ご飯(米飯)の給食と、給食雑感 »

2015年2月17日 (火)

飲まないけれどもお気に入りの麦焼酎

「原材料:麦、麦こうじ、アルコール分:44%、容量:500ml」。我が家の常備品の麦焼酎です。伝統的な泡盛などを別にすれば、最近の飲む焼酎はアルコール度数が25度くらいのものが多く、度数が40度以上の焼酎には、普通の酒売り場では、なかなかお目にかかれない。その強い焼酎の中のお気に入りがこの麦焼酎です。しかし、飲もうとは思わない。

この麦焼酎の利用目的は、雑菌消毒。自家製味噌や自家製梅干しは常滑(とこなめ)焼の甕(かめ)で熟成させますが、甕の内側や蓋の裏、使用する調理道具の類は作業前にこの焼酎で丁寧に消毒します。梅干し用の青梅や完熟梅は、漬け込む前にこの焼酎のプールをくぐらせる。この焼酎は味噌の天地返しのときにも登場してもらう。度数が40度以上でないと消毒の務めは果たせない。

この焼酎は香りがいい。それから、瓶(びん)の姿かたちが美しい。おそらく一輪挿しがよく似合う。実際には一輪挿しには使わず、使い終わったのは、自家製の赤梅酢を知り合いにさしあげるときなどの容器にしています。

作業の途中で足りなくなるという事態は嫌なので、使用中のを一本、手を付けてないのを一本、用意してあります。この一月末からの味噌の寒仕込みでは、使った甕が五個だったし、作業には三日間かけたのでそれなりの量の焼酎を消費しました。そのうち、気が向いた時にまた別の一本を仕入れるつもりです。

_44
        アルコール度数が44度の麦焼酎

□□

人気ブログランキングへ

|

« 鹿児島の菜の花が咲いた | トップページ | ご飯(米飯)の給食と、給食雑感 »

塩・味噌・醤油・酢」カテゴリの記事

漬物と塩辛」カテゴリの記事

米と麦」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1317632/58899451

この記事へのトラックバック一覧です: 飲まないけれどもお気に入りの麦焼酎:

« 鹿児島の菜の花が咲いた | トップページ | ご飯(米飯)の給食と、給食雑感 »