« 大豆雑感・・・必需品だけれど、ちょっと厄介なところもある食材 | トップページ | 平安末期の桜と昭和初期の桜 »

2015年3月 6日 (金)

桜餅は、やっぱり桜の葉

一昨日も昨日も雪まじりの天気でしたが、駅ビルやデパ地下の和菓子売り場で「桜餅(さくらもち)」を見ると、札幌も春だなと思います。道明寺風と長明寺風が並んでいますが、ぼくはどちらのタイプも好きです。しかし、桜餅という名前や糯米(もちごめ)という点では、道明寺の方が桜餅らしいと云えるかもしれません。

普段は甘いものには興味がないのですが、桜餅だけは、年に一度だし、食べることにしています。桜餅の醍醐味は、塩漬けした桜の葉です。これがないと、ただの餅、ただの菓子になってしまう。

こんなことを書いていたら、桜の花の塩漬けや花びら餅のことを思い出しました。

人気ブログランキングへ

|

« 大豆雑感・・・必需品だけれど、ちょっと厄介なところもある食材 | トップページ | 平安末期の桜と昭和初期の桜 »

季節と時節」カテゴリの記事

植物と花」カテゴリの記事

米と麦」カテゴリの記事

菓子」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1317632/59162293

この記事へのトラックバック一覧です: 桜餅は、やっぱり桜の葉:

« 大豆雑感・・・必需品だけれど、ちょっと厄介なところもある食材 | トップページ | 平安末期の桜と昭和初期の桜 »