« 比較生産費説について以前から気になっていたこと | トップページ | 不思議なシンジュ »

2015年3月11日 (水)

3月中旬の大雨と雪

昨日の午前6時の外気温は7度。札幌の午前6時としてはとても暖かい。そして外は大雨です。北海道の東部では、札幌のこの雨が湿った大雪になっていて重い雪の連続だと思うので同情を禁じ得ませんが、札幌ではこの時期の大雨は非常にうれしい。

雨が降ると云うことは、気温がプラスということで、それが5℃以上あれば効果は絶大です。排気ガスで表面が黒や灰色になった根雪の残骸が雨でどんどんと洗い流されていきます。そういう雪が消えていく途中の街の光景は美しいとはいきませんが、雪の残骸がかたまりで消えてくれるのはありがたい。

雪が流れても気温が急に春らしくなるわけではありません。しかし、街路樹や地面の草は春が来るのを明らかに感じている。

朝の早い時間帯はそんな幸せな気分でいたのに、午前11時くらいになって窓の外を見ると雪になっていました。軽い小麦粉のような傘の不要な雪ではなく、重い湿った、もち米を水に溶いたのを少し固めて上から降らせたような雪です。傘を差さないと歩けない。

札幌の天気の特徴は気が短いことです。だからすぐに変わる。明日の天気は、雨のち雪のち晴れのち曇りのち雨としておけば、50点くらいはとれます。

昨日の天気は実際は、雨、雪、雨、みぞれの順番でした。お天気サイトで確認すると、外気温は早朝が7℃、午前11時が3℃、午後1時が1℃。午後4時が1℃と推移したようです。

今朝の早朝は-1℃。今日は一日中雪だそうです。今は雪は強風のせいで横に流れています。雪は素直には立ち去ってくれません。

人気ブログランキングへ

|

« 比較生産費説について以前から気になっていたこと | トップページ | 不思議なシンジュ »

季節と時節」カテゴリの記事

雑感」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1317632/59223370

この記事へのトラックバック一覧です: 3月中旬の大雨と雪:

« 比較生産費説について以前から気になっていたこと | トップページ | 不思議なシンジュ »