« 好奇心から、ハンバーガー原材料の主要原産地 | トップページ | 不思議な家庭園芸番組 »

2015年3月30日 (月)

ハッカの新芽

ハッカ(北海道のかつての特用植物)を自宅で育てる」という昨年(2014年)10月下旬の記事に「ニホンハッカはシソ科ハッカ属の多年草で耐寒性があります。耐寒性のあることは北見盆地で長い間生産されていたので証明済みです。我が家の『ホクト』も土の上に出た部分は冬は枯れると思いますが、地中の根は寒さの中を生き続ける。そういう予定です。」と書きました。

札幌も少し春です。街路樹も新芽を出し始めました。「ホクト(北斗)」という品種のハッカも自宅の鉢植えの中で芽を出してきました。冬の寒さを予定通りに生き延びたようです。上に積もった雪が寒さ除け、湿り気補給になったはずです。ハッカの英語名は Japanese Mint。

「ホクト」はニホンハッカにオランダハッカとブラックペパーミントを交配したものですが、もはや固定種・在来種と呼んでさしつかえないと思います。そういう種類を手元で育ててみようというのが、「ホクト」と付き合い始めたきっかけです。

前回と同じように、香りのよい北海道・北見産の「ハッカ油」をごく少量手のひらにつけてこの記事を書いています。

__20150328

□□

人気ブログランキングへ

|

« 好奇心から、ハンバーガー原材料の主要原産地 | トップページ | 不思議な家庭園芸番組 »

季節と時節」カテゴリの記事

植物と花」カテゴリの記事

農産物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1317632/59432714

この記事へのトラックバック一覧です: ハッカの新芽:

« 好奇心から、ハンバーガー原材料の主要原産地 | トップページ | 不思議な家庭園芸番組 »