« 両側に大さじと小さじの計量スプーン | トップページ | 北海道のお金持ちの漁村 »

2015年4月23日 (木)

洗いものには、亀の子タワシとキッチンスポンジ

とくに土曜日と日曜日の朝ごはんの後は、ぼくが洗いものの係りです。配偶者は食洗機も手洗いも得意ですが、ぼくは手洗いの方が好みです。しかし、水の使用量という点だと、食洗機の方が水の無駄がありません。だから、手洗いはその対象を、食洗機と適合的でない食器や鍋の類にとどめておいた方がいいということになります。

さて、いつもは商品の宣伝はしないのですが、今日は2つの商品の宣伝をすることにします。

野菜洗いや、食器や鍋や調理道具の手洗いということになると、必需品は「亀の子タワシ」(タワシは漢字だと束子と書くらしい)と「キッチンスポンジ」です。

大根やニンジン、里芋やゴボウなどの根菜類は普段は土のついたものを買うので、「亀の子タワシ」なしでは埒(らち)があきません。「亀の子タワシ」とは「パーム」(ヤシの実の繊維)で作ったもので「本品は明治40年の発明から100年来その姿は変わらない手作りによる高品質のたわしです」(商品パッケージの説明文)。耐熱温度は90℃。

(食洗機に向かない)食器や鍋や調理道具には、「パックスナチュロンのキッチンスポンジ」です。泡立ちがよく、水切れは群を抜いています。耐久力もある。味噌汁用などの塗りものもこれで軽くお湯洗いすると、すぐにとてもきれいになる。材質は軟質ポリウレタン。耐熱温度は90℃。色が淡い緑やピンクでなく黄白色だともっといいのだけれど、ないものねだりはいたしません。

□□

人気ブログランキングへ

|

« 両側に大さじと小さじの計量スプーン | トップページ | 北海道のお金持ちの漁村 »

経営とマーケティング」カテゴリの記事

野菜と果物」カテゴリの記事

雑感」カテゴリの記事

食べもの」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1317632/59697713

この記事へのトラックバック一覧です: 洗いものには、亀の子タワシとキッチンスポンジ:

« 両側に大さじと小さじの計量スプーン | トップページ | 北海道のお金持ちの漁村 »