« ビールと、ノンアルコール・ビールと、ビール風味のノンアルコール飲料 | トップページ | プロモーション・メッセージと原材料 »

2015年4月14日 (火)

少し春と、春がいっぱい

先週の日曜日、早い午後に知事選挙の投票をすませて散歩をしていたら、「少し春」状態の新芽の出かかった木の枝と、「春がいっぱい」状態の(おそらくは)ツツジの花が咲いていました。札幌にしては妙に気の早いツツジです。

A B

野菜を含むところの植物には長日性のものと短日性のものとその中間のものがあります。

日照時間が長くなると開花するのが長日性植物。つまり冬至を過ぎると元気になり夏に向かって花を咲かせるタイプです。北海道の農産物でいうと小麦や大根やキャベツ、花だとペチュニアなどが長日性植物です。逆に、日照時間が短くなると開花するのが短日性植物。夏至を過ぎてから冬に向かって花を咲かせるタイプです。このタイプには、また北海道の農産物だと、稲(コメ)や大豆があります。花なら朝顔。再び北海道の野菜を例にとるとトマトはその中間のタイプです。日本は南北に長いので季節に応じて冬春トマトと夏秋トマトが栽培されています(関連記事は、「冬春トマト」と「夏秋トマト」)。

ヒトはどちらか気になるところですが、ぼくの、ある知り合いの女性は長日性生物の変種だと思われます。長日性ではあるのですが、冬至から春分までは元気がない。しかし、春分の日以降は突然元気になり、写真のツツジとよく似ています。

□□

人気ブログランキングへ

|

« ビールと、ノンアルコール・ビールと、ビール風味のノンアルコール飲料 | トップページ | プロモーション・メッセージと原材料 »

季節と時節」カテゴリの記事

植物と花」カテゴリの記事

野菜と果物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1317632/59636526

この記事へのトラックバック一覧です: 少し春と、春がいっぱい:

« ビールと、ノンアルコール・ビールと、ビール風味のノンアルコール飲料 | トップページ | プロモーション・メッセージと原材料 »