« プロモーション・メッセージと原材料 | トップページ | みょうが(茗荷)の春芽は、まだか »

2015年4月16日 (木)

球根と地下茎

途中、気温が冬に逆戻りということもありましたが、ホクトという品種のハッカ(日本ミント)は鉢植えの中で順調に新芽の数を増やしています。ハッカは地下茎で増えます。冬の間、寒さの中で頑張ったに違いないのですが、近所にはもっと強いのがいます。

20150415

この時期に毎年感心するのは、球根で育つ花の強靭さです。たとえば、プラタナス用に造られた舗道の植栽場の空き場所に、かつてどなたかがボランティアで植えたと思われるクロッカスが、まわりに目立つ緑がほとんどない頃に必ず花を咲かせます。まだ寒い中を少し歩くといろいろな色が楽しめる。クロッカスではない球根植物も別の場所で花を咲かせています。

Photo

人気ブログランキングへ

|

« プロモーション・メッセージと原材料 | トップページ | みょうが(茗荷)の春芽は、まだか »

季節と時節」カテゴリの記事

植物と花」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1317632/59648667

この記事へのトラックバック一覧です: 球根と地下茎:

« プロモーション・メッセージと原材料 | トップページ | みょうが(茗荷)の春芽は、まだか »