« 黒いビオラとハッカで地味な札幌の春 | トップページ | こういう炭酸水と1リットル容器がほしかった »

2015年5月21日 (木)

歩道にタンポポがいっぱい

今の札幌は、街中の歩道のそばの植え込みや広場にタンポポがいっぱい咲いていて、所用で目的地に歩く足が止まってしまいます。

「たとえばタンポポだと、札幌でも日本のタンポポ(在来種)と西洋タンポポ(外来種)の両方が遊歩道や道端などに生育しています。白くて背の低いのが在来種で、在来種は季節が短い。黄色くて背が高いのが外来種。外来種は繁殖力が旺盛で花の時期も長い。」というのがぼくの簡単なタンポポの理解でしたが(関連記事は「たんぽぽ」)、事実はもう少し幅が広いようです。

以下の三枚は島根県のホームページの「タンポポを探しに出掛けよう」からお借りした写真です。左から順に「シロバナタンポポ(在来種)」、「ヤマザトタンポポ(在来種)」、そして「セイヨウタンポポ(外来種)」です。黄色い在来種のタンポポもあることがわかりました。
 
Hp Hp_2 Hp_3

白いタンポポは、白いというそのことによって在来種です。黄色いタンポポは「総苞(そうほう)、細かくは総苞外片(そうほうがいへん)」が上向きだと在来種。「総苞外片(そうほうがいへん)」が大きく反り返って下向きになっていると外来種のセイヨウタンポポだそうです。その説明。

__

下は、急ぎ足の歩道でぼくの足を止めた黄色いセイヨウタンポポの花と白い綿毛です。

Blog Blog_2

以前、旅行中に撮った写真に黄色い在来種が映っていないかと捜していたら、北海道の最北に近い猿払(さるふつ)で出会っていました。関連記事は「北海道のお金持ちの漁村」。

Blog_3

人気ブログランキングへ

|

« 黒いビオラとハッカで地味な札幌の春 | トップページ | こういう炭酸水と1リットル容器がほしかった »

季節と時節」カテゴリの記事

植物と花」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1317632/60066147

この記事へのトラックバック一覧です: 歩道にタンポポがいっぱい:

« 黒いビオラとハッカで地味な札幌の春 | トップページ | こういう炭酸水と1リットル容器がほしかった »