« きわめてまともな反応だと思える、日本の食品に対する台湾の輸入規制強化 | トップページ | 歩道にタンポポがいっぱい »

2015年5月20日 (水)

黒いビオラとハッカで地味な札幌の春

写真だととても濃い紫に見えなくもないけれど、本物はほとんど黒です(左側の写真)。

近所の業務用ビジネスの花屋さんが、季節に応じて気まぐれに消費者販売を始めるのですが、この前の週末はタイムやローズマリーやバジルなどのハーブ類の苗と数種類の色のビオラを並べてありました。黒いビオラを買いました。値段は表示されていません。口頭伝達の税込価格がポット1個150円でした。売値を決めていなかったのに突然客が現れたので、仕入れ原価からその場で計算したのでしょう。

東京ではビオラやパンジーは寒い時の花ですが、札幌では春の花です。

P_blog_55mm_f56  P_blog

ハッカ(右の写真、品種はホクト)は「ハッカの新芽」のその後です。ハッカは紫蘇科植物なので、紫蘇科らしい葉の増え方をします。左右交互に二枚ずつ、新しい葉は、下の葉の上に積み重なるように伸びていきます。摘芯すると、そこから脇芽が倍々ゲームで成長します。

人気ブログランキングへ

|

« きわめてまともな反応だと思える、日本の食品に対する台湾の輸入規制強化 | トップページ | 歩道にタンポポがいっぱい »

季節と時節」カテゴリの記事

植物と花」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1317632/60031302

この記事へのトラックバック一覧です: 黒いビオラとハッカで地味な札幌の春:

« きわめてまともな反応だと思える、日本の食品に対する台湾の輸入規制強化 | トップページ | 歩道にタンポポがいっぱい »