« なかなか美味しいヘンプ(麻の実)パウダー入りの米粉クッキー | トップページ | 続・栗はドングリ »

2015年7月28日 (火)

ぼくの希望に応えてくれるタイプの日本酒ラベル

自宅で食べる晩ごはんのときの一合から二合の純米酒の「ぬる燗」が好きです。冷やした吟醸や大吟醸の繊細も食前酒としては捨てがたいのですが、自宅の晩ごはんの少し前から食事にかけてのお酒なので、食事の邪魔をしない「ぬる燗」の純米酒があれば満足です。

「米の銘柄と酵母の種類と、ないものねだり」のなかで「(日本酒の)味わいを味と香りの組み合わせだとすると、消費者にとって気になるのは、酒米の種類と精米歩合と酵母の種類です」と書きましたが、それに応えてくれる純米酒の商品ラベルです。

米の種類はラベルには記載がないのですが、売り場に情報がありました。よしとします。精米歩合は純米酒なので65%。うれしいのは、酵母に関する記述と説明。欄内は「蔵内保存酵母」と無名状態(あるいは酒蔵外秘?)ですが、欄の上の一文「純米酒づくりに定評のある蔵元が純米酒に適した蔵内保存酵母を使用して醸した、米の旨みがありどっしりとした飲みごたえのある純米酒です」が客を惹きつけます。

Photo

自宅で「ぬる燗」で楽しむには、値段も含め、最良の純米酒のひとつかもしれません。ぼくの中ではこの酵母を、「□□□酵母」(□□□はこの日本酒のブランド名)ということにします。これを買った売り場には一升瓶が置いてなかったので、それが残念でした。

□□

人気ブログランキングへ

|

« なかなか美味しいヘンプ(麻の実)パウダー入りの米粉クッキー | トップページ | 続・栗はドングリ »

発酵」カテゴリの記事

米と麦」カテゴリの記事

経営とマーケティング」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1317632/60882340

この記事へのトラックバック一覧です: ぼくの希望に応えてくれるタイプの日本酒ラベル:

« なかなか美味しいヘンプ(麻の実)パウダー入りの米粉クッキー | トップページ | 続・栗はドングリ »