« 味噌の発酵具合を様子見 | トップページ | 平成13年3月発行の「おいしい北海道米 生産ハンドブック」と「ゆめぴりか」と「ゆきひかり」 »

2015年7月 3日 (金)

原材料が全部北海道産の、手作りお土産クッキー

北海道ではないところで暮らすお世話になった方にお会いするときのお土産に、北海道で知名度の高いお菓子類をお持ちするのもいいのですが、それよりも、すべての原材料が北海道産の手作りクッキーをさしあげた方が喜ばれます。クッキーを焼くのは配偶者で、ぼくの役目はラベル作りです。

食品衛生法規格基準に適合した菓子用の袋と脱酸素剤は用意してあるので、あとは中に入れる原材料の種類に応じて、手作りラベルの内容を変えるだけです。今回は、シンプルな米粉クッキーと粗挽きした紅茶を加えた紅茶バージョンとココア・バージョンの組み合わせ。それ以外に、生姜バージョン、緑茶を粗挽きした緑茶バージョンも作ります。

表に左側の赤字のラベルを貼り、裏に右側の黒字のラベルを貼り、脱酸素剤を入れて、パッケージ用の電気器具で熱シールをすれば、袋詰めのクッキーができ上がります。

Tm  Photo

(【註】実際には「高いお米、安いご飯 謹製」ではなく、「□□□ 謹製」と印字したラベルを使います。「高いお米、安いご飯」はブログ記事用見本です。)

使った米粉は「ゆきひかり」というお米をとても細かく挽いたもの。「ゆきひかり」は、北海道のマイナーなお米で、コシヒカリ系の粘りのあるお米ではなく、昔風の、粘りの少ないタイプのうるち米です。

Photo_2
   今回の米粉クッキー(シンプル版+ココア版+紅茶版)

Photo_3
        これは、以前作った「緑茶バージョン」

□□

人気ブログランキングへ

|

« 味噌の発酵具合を様子見 | トップページ | 平成13年3月発行の「おいしい北海道米 生産ハンドブック」と「ゆめぴりか」と「ゆきひかり」 »

米と麦」カテゴリの記事

菓子」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1317632/60554565

この記事へのトラックバック一覧です: 原材料が全部北海道産の、手作りお土産クッキー:

« 味噌の発酵具合を様子見 | トップページ | 平成13年3月発行の「おいしい北海道米 生産ハンドブック」と「ゆめぴりか」と「ゆきひかり」 »