« 夏の陽気になると紫蘇の葉は急に大きくなる | トップページ | なかなか美味しいヘンプ(麻の実)パウダー入りの米粉クッキー »

2015年7月24日 (金)

茗荷(みょうが)は花穂の収穫まで、あと、しばし

茗荷(みょうが)の地下茎栽培は失敗したので、苗を植え付け」のその後です。

生姜(しょうが)と茗荷(みょうが)は高知です。野菜売り場で生姜も茗荷も高知産以外はまず見かけません。独占に近い状態です。それはそれでいいのですが、我が家の価格感覚だと、生姜はいいとしても、茗荷は値段が高すぎる。茗荷はそのあたりに生育しているという記憶が抜けない。で、自分で育ててみることにしました。

冬越しの地下茎栽培は失敗したので、今年の六月になったばかりの頃に、種苗会社から苗を買って植え付けました。苗を植え付けたのは緑の樹脂製のプランターだったのですが、最近はそういう素材が気に入らない。素焼きや、素焼きよりは手が込んだ土の焼物の方が野菜栽培についても好みなので、六月下旬に白い大きな鉢に移し替えました。札幌の六月は、ずーと涼しかったので、茗荷はほとんど大きくなっていません。移し替えもスムーズでした。

七月中旬くらいから夏の気温になってきて、茗荷もやっと成長し始めたようです。

配偶者の情報だと、東京の武蔵野あたりの家庭菜園だと、やっと茗荷の収穫が始まったらしい。家庭園芸のブログ記事にそういう報告があったそうです。では、札幌だと、収穫は、早くても八月中旬か?残念なことに、手元の茗荷が「早生(夏茗荷)」なのか「秋茗荷」なのか、わからない。

ある種苗会社の定期刊行雑誌によれば、早生茗荷と秋茗荷の花穂(あの、おなじみのピンク色のふっくらとしたもの)の収穫時期は日本では一般的には以下のようです。

【早生みょうが】日陰で作る風味のよい多年生野菜で極めて強健。花穂は吸い物、若芽はみょうがたけなどに用いる。ショウガ科。収穫期:4~5月(若芽)、7~9月(花穂)。高さ100~120cm。耐寒性は強。

【秋みょうが】早生種に比べ収量が多い。性質や用途は早生種と同様。ショウガ科。収穫期:4~5月(若芽)、9月中旬~11月上旬(花穂)。高さ70~100cm。耐寒性は強。

八月の中旬がダメなら九月中旬まで待つことにします。その辺りに生育しているのを摘んでくればいいはずの茗荷が、今までのところは、費用と工数の持ち出しばかりです。初めてのものは、面白い。

_2015_7

□□

人気ブログランキングへ

|

« 夏の陽気になると紫蘇の葉は急に大きくなる | トップページ | なかなか美味しいヘンプ(麻の実)パウダー入りの米粉クッキー »

野菜と果物」カテゴリの記事

雑感」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1317632/60867918

この記事へのトラックバック一覧です: 茗荷(みょうが)は花穂の収穫まで、あと、しばし:

« 夏の陽気になると紫蘇の葉は急に大きくなる | トップページ | なかなか美味しいヘンプ(麻の実)パウダー入りの米粉クッキー »